学科長メッセージ

看護の実践力を持つ看護者を目指し、
学生一人ひとりを見守りつつ支援します

  
                              
看護学科では、命の誕生から老いまで、あらゆる年代における人々の健康の保持・増進と生活の質を維持する看護の実践力を持つ看護者を育てることを目指しています。看護へのあこがれを胸に入学した学生達は、専門知識の学習や看護技術の演習を積み重ね、臨地実習では、ベットサイドで病める人や地域で生活する人々の看護援助や心のケアを体験し、看護のすばらしさや難しさを実感しています。全員が国家試験に合格できるよう、1年次から学習課題や模擬試験、特別講義、個別指導など計画的なプログラムで学習をサポートしています。また、大学生活では看護学部や子ども支援学部の友との出会い、敷地内にある「かせい森のおうち」の保育園児とのふれあい、フレッシュマン・セミナー、緑苑祭、クラス親睦会など楽しく充実した時間を過ごすことができます。4年間を通して、相手を尊重しお互いを高め合える関係を築く力、物事を探求する力、看護を実践する力、主体的に行動する力、成長していく力を身に付けていけるよう、学生一人ひとりを見守りつつ支援してまいります。

学科長写真

看護学科 学科長 安達 祐子

「やりがい」をみつけ、夢をかなえるために

看護は人間を対象に実践していきます。対象となるその人の身体面のみでなく、心のありよう、生きてきた過程、その人を取り巻く家族や社会など、広く深く理解を深めると共に、看護を実践するために必要な①看護の専門知識、②安全・安楽に確実に実施できる看護技術、③相手を尊重して関わるコミュニケーション能力を学び、看護とは何かを自らに問い、探求し続けて欲しいと思っています。さらに、その先にある「やりがい」をみつけ、自分自身の夢をかなえるためのチャレンジ精神を育んでいきたいと考えます。

 

教育方針・受入方針

アドミッションポリシー

看護学科は、命の誕生から老いまで、あらゆる年代における人々の健康の保持・増進と生活の質を維持する看護の実践力を持つ看護職者を育てることを目的としています。この目的に基づき、次のような人を求めます。
・看護に興味・関心のある人
・他者の話をしっかり聴き、理解できる人
・自分の考えを表現できる人
・問題意識を持ち、解決に向け主体的に取り組むことができる人
・健康的な生活習慣を心がけている人

 

カリキュラムポリシー

看護学部は、いのちの誕生から老いまで、あらゆる年代の人々の健康の保持増進と生活の質を維持する看護の実践を重視し、5つの能力、①生命の尊厳と人格を尊重した看護の実践力、②健康の保持増進と生活の質を維持する看護の実践力、③保健医療福祉において多職種間および地域と協働・連携できる能力、④看護の探究心と研究的姿勢、⑤国際的視野から行動する力を兼ね備えた看護師・保健師(選択)・助産師(選択)を育てる教育を行なう。  
そのための教育課程の編成は、以下の通りである。
1.看護の対象である人間を取り巻く環境に焦点をあて「人間と社会・文化」「人間と自然」「人間と情報」「人間と言語」に区分した基礎教養科目の学習により、人間をさまざまな視点から理解し、科学的にそして看護の対象者の自由と権利を尊重した看護が実践できる力を身につけるために、看護の対象としての人間について全体論的理解を深める。
2.看護学領域の学習の基盤となることを意識化し、科学的根拠に裏づけされた看護実践能力が身につくように、「身体の構造」「精神の構造」 「社会の構造」で構成した専門基礎科目の学習を通して、人間の心身のメカニズム、健康を維持・増進させるための保健医療福祉のしくみを理解する。
3.看護の実践に必要な知識・技術・態度は、臨地実習において統合する。臨地実習では、対象及び対象を取り巻くさまざまな人々と良好な関係を築きながら、対象者が望む生き方ができるように、創意工夫した看護援助を提供できるようにする力を身につける。
4.“看護とは”を問い、自己の看護観を明確にすることや、質の高い看護を提供するためにどうあるべきかなど、将来に向けビジョンが広がることをねらいとし、看護実践力の修得を図るために、統合実習や看護研究等、統合の要素をクローズアップする科目や4年間の実習での内容を発展させる科目を通して、看護学の集大成を図る。

ディプロマポリシー

社会の変化に応えられる質の高い支援ができる看護専門職であり、看護の役割と責任を認識し、倫理的に判断し看護実践できることを目指したカリキュラムを編成し、所定の単位を修めた学生は、卒業が認定され、学士(看護学)の学位を授与する。卒業までに以下の能力を身につけていることが求められる。
1.人の自由と権利を許容し、如何なる場合でも、看護職者としての役割を倫理的に判断し、行動できる。
2.健康の保持増進、疾病予防、健康障害からの回復に向けた看護が、専門的知識・技術を用いて、科学的根拠に基づき実施できる。また、援助的人間関係を基盤に人の誕生から老い(死)までの過程における健康課題・問題を発見し、解決できる。
3.質の高い医療の提供に向かって地域等のさまざまな資源を活用するとともに、患者・家族を取り巻く多職種間を調整する役割を果たすことができる基礎力をもつ。
4.“看護”を意識的に問い続け、自ら発見した看護に関する問題に研究的に取り組み、看護の現象を科学的に追求する姿勢を継続できる。
5.諸外国の医療・看護の課題、看護事情に関心をもち、専門職者として国内外で活動するための基礎力をもつ。

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園