健康科学部

看護学科

Department of Nursing

看護の実践力をもつ
看護者を育成

教育方針・受入方針

アドミッションポリシー

1.看護に興味・関心のある人

2.他者の話をしっかり聴き、理解できる人

3.自分の考えを表現できる人

4.問題意識を持ち、解決に向け主体的に取り組むことができる人

5.健康的な生活習慣を心がけている人

 

カリキュラムポリシー

1.豊かな教養、コミュニケーション能力の育成、人間をさまざまな視点から理解し、科学的にそして看護の対象者の自由と権利を尊重した看護が実践できる力を身につけるために、「人間と社会・文化」「人間と自然」「人間と情報」「人間と言語」に区分した基礎教養科目を配置する。

 

2.看護学領域の学習の基盤となることを踏まえ、科学的根拠に裏づけされた看護実践能力が身につくように、「身体の構造」「精神の構造」「社会の構造」で構成した専門基礎科目を配置する。

 

3.保健医療福祉チームのメンバーとして、連携・協働を図りながら、地域住民の健康の保持増進及び障害の予防ができるよう、『健康教育』『保健医療福祉行政論Ⅰ』を2年次に配置する。

 

4.学内で学修した看護の実践に必要な知識・技術・態度を統合する場として、さらに対象及び対象を取り巻くさまざまな人々と良好な関係を築きながら、対象者が望む生き方ができるように、創意工夫した看護援助を提供できるようにする力を培う場として、『臨地実習』を配置する。

 

5.“看護とは”を問い、自己の看護観を明確にすることや、質の高い看護を提供するためにどうあるべきかなど、将来に向けビジョンが広がることをねらいとし、看護実践力の修得を図るために、4年次に『統合実習』『看護研究Ⅱ』『看護管理』等を配置する。また、諸外国での保健医療活動等、看護が求められる様々な場を学修するために、『国際看護』等を配置する。

ディプロマポリシー

知識・技能
1.人間理解を基盤として、健康に関与する看護の基本が身についている。
2.援助的人間関係を基盤に人の誕生から老い(死)までの過程における健康課題に対して取組むことができる。
3.健康の保持増進、疾病予防、健康障害からの回復に向けた看護が、専門的知識・技術を用いて、科学的根拠に基づき実施できる。
 
思考力・判断力・表現
1.看護の対象である人を身体的・精神的・社会的な側面を統合して理解する基礎力が身についている。
2.人の自由と権利を尊重し、いかなる場合でも看護職者としての役割を倫理的に判断し、行動できる。
3.“看護”を意識的に問い続け、自ら発見した看護に関する課題に対して研究的に取り組み、看護の現象を科学的に追求する姿勢を継続できる。
 
主体性・多様性・協同性
1.看護の対象である人を思いやる人間性をもち、社会と積極的に関わっていく高いコミュニケーション能力を身につけている。
2.質の高い医療の提供に向って地域等の様々な資源を活用するとともに、患者・家族を取り巻く多職種間を調整する役割を果たすことができる基礎力をもっている。
3.諸外国の医療・看護の課題、看護事情に関心をもち、専門職者として国内外で活躍するための基礎力をもっている。

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園