健康科学部

看護学科

Department of Nursing

看護の実践力をもつ
看護者を育成

学科長メッセージ

自然豊かな狭山キャンパスで、
心豊かに看護を学んでいきましょう
看護学科 学科長 鈴木 幹子

知識や技術だけでなく実践的な看護観を育む

 看護は、 “人を看る”という看護職独自の視点で看護の対象を捉えて判断し、その生命と生活を支えています。看護ケアを専門職として行う場合には、科学的で正確な知識と技術が必要ですが、知識や技術だけでできるということではありません。看護ケアの受け手の安全・安楽はもちろん、自分の力を発揮してその人らしく生活できるという自立を目指した支援など目的意識を持った行為なので、その背景には看護者としての姿勢や態度、つまり看護観が問われます。そのためには、机上の学習だけなく、病院等での実習が重要になってきます。看護学科の4年間では、人と人との関係性のなかで実践される看護ケアを通して、看護観を育み、看護の実践家としての基盤を作って欲しいと思います。教員は、皆さんが十分に力を発揮して看護について学べるように支援していきます。本学では、保健師課程、助産師課程もありますが、いずれも看護が基盤です。まずは、看護をしっかりと学んでいきましょう。

 狭山キャンパスでは、草花が豊富でいろいろな花の色や香りで季節の変化を感じることができます。また、サークル活動や緑苑祭という学祭もあります。4年間、いろいろな経験をして心豊かに学生生活を送ってください。応援しています。

いのちの誕生から老いまで、あらゆる年代の人々の健康の保持増進と生活の質を維持する実践力を身につけます。

人生100年の時代、看護学部看護学科は“生きる”をサポートするスペシャリストを養成します。いのちの誕生から老いまで、あらゆる年代の“生きる”に寄り添う専門職は、あなたにとってやりがいのあるすばらしい仕事となるでしょう。

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園