地域連携推進センター

所長挨拶

大学の使命と地域連携
 

 大学は、長い間、「学生を対象とする教育と教員が行う研究が使命である」といわれてきました。しかし、激しく変化・変動する社会となり、時代や社会の動きに呼応した教育・研究への取り組みが必要になりました。それが今日では、ほとんどすべての大学で、公開講座等いろいろな形態で学習機会が提供され、様々な機関・団体と共同研究が行われるなど、地域や社会に対する教育・研究が当然のことのように行われています。大学が持つ知識・技術、あるいは、施設や特許などなど、さまざまな資源を、産・官・学との連携の中で生かすことが、新たな価値・大きな価値を生み出しているのです。
 今、日本社会はこれまで誰も見たことも無く、経験したことがない、急速な、しかも、避けることのできない、「超高齢化社会」に向かっています。そこに少子化が加わり、これまでとは異なる社会の出現が始まっています。ゆえに、大学という大きな資源が、社会の中で生かされることがますます重要になっているといえましょう。
 東京家政大学は家政学部から始まって、今や、人文学部、健康科学部、子ども学部の4学部、さらには、大学院、短期大学部を有する総合大学となりました。そして、人間の生活全体を支援する研究・教育を行えるようになったのです。本学の専門的教育・研究の中で培われ、蓄積された諸資源を、地域、社会と連携して生かしていくことができると思います。
 地域連携推進センターは狭山校舎に設置されていますが、狭山校舎の健康科学部、子ども学部に加えて、板橋校舎における各学部や数多くの付置機関とも連携して活動しています。地域社会に存在する課題の解決のために、様々な学習機会の提供に加えて、センターの事業体系である、
 ①地域社会と連携協力した調査研究
 ②本学が行う教授活動の地域社会での具現化
 ③実践的な教育研究活動を通しての地域社会との連携
さらには、情報提供やボランティアの紹介などの事業も行っています。今後も、本学の教育・研究の成果をもって、地域や社会の課題解決に向けた諸事業・取り組みを推進して参ります。どうぞみなさまのご支援・ご協力を、心よりお願い申し上げます。
東京家政大学
地域連携推進センター
所長 山本 和人

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園