教授 吉原 富子(生活環境学研究室)

 卒業研究 

[ 平成27年度 ]
 ・ 肌解析と肌トラブル予防法 4年 柿本 恭花
 ・ 洗顔石鹸の脂肪酸組成に関する研究 4年 西川 貴三子
 ・ 繊維に及ぼす天然色素の加工処理剤としての効果 4年 西 絵里奈

[ 平成26年度 ]
 ・ 
繊維類に及ぼす脱臭効果の影響 4年 住谷 梓
野菜中のカルシウム含有量について 4年 島崎 みなと
食品廃棄物の消臭効果および有効活用 4年 渚 綾香


 教員履歴 

研究室活動趣旨
食を含めて生活環境における諸問題を分析・調査し健康への影響を評価するとともに、より安全で安心できる改善策を提案することを目標とし活動している。その評価するために重要なのが分析あるいは調査デ-タである。再現性の高い分析デ-タあるいは商品評価のための調査は健康への問題点、改善点を提案するために大変重要なことである。
卒研テーマ
1.食品添加物の実態調査および含有量分析(使用あるいは残留基準値との比較研究)など
2.農産物における残留農薬量分析・農薬使用状況調査・農薬の代替品開発など
3.化粧品基材の調査および分析・天然有効成分の効果と安全性・サプリメントの有効成分と肌質測定など
連絡先
〒173-0003
東京都板橋区加賀1-18-1
4号館301号室
03-3961-4286(ダイヤルイン)
メール yosihara○tokyo-kasei.ac.jp (○は@)
出身大学 1973 東京家政大学家政学部管理栄養士専攻卒業
出身大学院 1976 米国サウスカロライナ州ウィンスロップ大学大学院栄養化学研究科修士課程修了
取得学位 1996 横浜市立大学博士(医学)の学位横大院776号
研究経歴・職歴
1977 東京家政大学家政学部 助手
1988 同大学講師
1997 同大学助教授
2005 同大学教授 現在に至る
  この間、旧厚生省国立健康栄養研究所協力研究員
研究キーワード 食品化学・食環境・栄養化学
研究分野 食品添加物・残留農薬・飼料添加物・化粧品科学
研究課題
加工食品中食品添加物使用量と使用あるいは残留基準値の比較研究
残留農薬量の実態分析
農薬の代替品研究
化粧品基材に関する研究
受賞
1986 第33回 日本栄養改善学会賞
1992  Vol.3 細胞工学表紙掲載-Mg欠乏ラット多形核白血球の活性貪食画像解析-
学会
日本食品化学学会会員
日本マグネシウム学会会員・日本衛生学会会員・日本栄養改善学会会員

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園