• カリキュラム

特色・ポイント

保育科では、子どもの豊かな感受性と想像力を育むために必要とされる理論と実践を学びます。幼稚園教諭免許(2種)と保育士資格の取得に必要な講義・実技・実習科目の他、保育の専門性をさらに高めていくための「保育実践演習A~J」や「保育総合表現」といった特徴ある科目や、「ジェンダー論」「キャリアデザイン」などの深い教養や感性を育むための科目が用意されています。

概念図

概念図

主な授業紹介

幼児音楽A

子どもと音楽を楽しむための基礎的な音楽技術を学びます

幼児音楽の授業では、幼児の音楽表現活動を展開、実践するために必要な音楽技術の基礎を習得します。具体的には、子どもの歌の弾き歌いを学習します。そこではピアノの技術を磨くというよりも、簡単なコードを学ぶことで、子どもたちの年齢や活動にそった、自分なりの伴奏ができることを目標にしています。また、さまざまな子どもの歌にふれ、実際の保育に活用できる弾き歌いのレパートリーを増やします。この授業で最も大切にしているのは、学生自身が思いっきり音楽を楽しみ、表現することです。そして、その楽しさを子どもたちに伝えてほしいと願っています。

体 育

運動あそびの楽しさ発見と子どもへの効果を追究する

遊びのなかでも身体活動を伴う遊びに焦点を当て、実践しながら子どもたちの成長への関わりについて理解を深めます。具体的には、鬼あそびやリズムあそび、模倣あそび、フォークダンス、花いちもんめのほか、縄、フープ、ボール、新聞紙、お手玉などのさまざまな遊びです。どのような遊びがからだを作り、機能を発達させるのか。工夫によってことばやからだでの自己表現や自己肯定感の獲得があるのか。社会性が発達するのか、などについて考察し、遊びの進め方や発展・展開方法などを考えることで、保育者としての技能を高めます。また、学生自身の体力や機能の向上を目指し、創意工夫を日常習慣にすることで、からだを通した他者との交流を図ります。

保育課程論

保育の計画の意味を理解し、模擬保育を通して実践・学習します

幼稚園や保育所、こども園での教育課程・保育課程、長期指導計画や短期指導計画など、さまざまな計画を総合的に理解することが、この授業の大きな目的です。授業では、教育課程・保育課程について学び、その後、年案や月案などの長期指導計画、週案・日案などの短期指導計画の内容を理解すると同時に、それらの計画が実際の保育のなかでどのような意義をもっているのかを学んでいきます。また実際に指導案を作成し、その指導案に基づいた模擬保育を実践することで、指導案と保育との関係を深く理解していくことも重要だと考えています。

保育内容演習(表現)

乳幼児のための歌や楽器遊びについての演習科目

幼児の音楽表現の内容には「歌うこと」と「楽器遊び」の二つの柱があります。「歌うこと」では、わらべうたや唱歌、童謡、子どもの歌、遊びうたなどを理解し、子どもたちへの伝え方を学びます。「子どもに怒鳴らせない発声法」は、この授業の特徴のひとつで、そのための指導法を、子どもが歌っているビデオを見て考えます。「楽器遊び」では、リズム遊びや楽器遊びについて学ぶほか、合奏のやさしい編曲法や指揮法も習得します。また、個人やグループでの表現発表の場もあり、楽譜を読む力をつけるため、とくにリズムの楽譜を読む基礎練習を毎時間授業に取り入れています。希望すれば、毎週個人指導の補講を受けることもできます。

保育実践演習A(造形活動の探究)

作品づくりやグループワークを通して乳幼児の造形表現活動を学びます

保育実践演習は、音楽や運動などのさまざまな分野から学生自身が選択して、より具体的に力をつけていく授業です。その中で、この造形活動の探究では、特に乳幼児の造形表現活動について、実践的に体験学習します。砂場の砂遊びや地面に描く模様も、子どもたちのすばらしい造形活動です。こうした日常生活における身近な活動の本質を学ぶために、この授業では年中行事にあわせた作品づくりや、お楽しみ会を企画するなどのグループワークを行います。

時間割モデル

1年次

○は前期 ●は後期 ★は通年 ◇は1期 ◆は2期 □は3期 ■は4期
 
1   ○キャリアデザイン ○教育実習(幼)の研究
●保育心理学
●保育相談支援 ○保育内容演習(表現) ○子どもの保健Ⅰ
●保育実習指導Ⅰ
2 ○パソコン基礎
●子どもの保健Ⅰ
●子どもの栄養 ○社会福祉
●障がい児保育演習
○社会的養護概論
●子どもの保健Ⅱ
◇保育内容演習(環境)
◆保育内容の研究(環境)
●相談援助
○児童家庭福祉
●キャリアデザイン
3 ○教育概論Ⅰ
●保育課程
○音楽 ○総合演習
●保育内容総論
○ジェンダー論
□体育
○乳児保育演習
□子どものことばと文化
○保育原理
●保育実習Ⅰ
4 ◇保育内容演習(健康)
◆保育内容の研究(健康)
●教育実習(幼)
○造形
●家庭支援論
○日本国憲法   ●幼児音楽A ○英語コミュニケー ションⅠ
●英語コミュニケーションⅡ
5 ○学校教育心理学
■体育と健康
○からだとスポーツ        

2年次

 
1 ○保育内容の研究(表現Ⅰ) ○音楽の世界 ◇保育内容演習(人間関係)
◆保育内容の研究(人間関係)
●保育実践演習F
○教育実習(幼)   ○保育実習指導Ⅱ
2 ○幼児音楽B
●保育内容の研究(表現Ⅰ)
    ★保育実習Ⅱ ○教職基礎論 ○幼児理解と援助
●保育実習指導Ⅱ
3 ○保育内容の研究(表現Ⅱ)
●社会的養護内容演
  ●保育総合表 ○保育実習Ⅰ ○児童文化 ●教職実践演習(幼)
4   ○保育方法論 ●保育総合表現      
5   ◇保育内容演習(ことば)
◆保育内容の研究(ことば)
       
  • 体育

  • 子どもの目線や気持ちになって体を動かしたり、新聞やフラフープ、縄やパラバルーンを使った運動など、保育現場で使えるような学びも多くあり、楽しみながら感じたり学んだりすることのできる授業でした。また、この授業では前屈の試験があります。長座体前屈がクラスで最下位の私が、試験の頃には手のひらが床に着くまでになり、継続することの大切さを学んだ授業でもありました。

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園