資格について

 

■中学校・高等学校教諭1種(美術)

■学芸員
博物館や美術館などで、資料の収集、保管、調査研究及び展示・教育普及などを担当するのが学芸員の職務です。博物館法により美術館、歴史館、郷土館、民芸館などの博物館施設に常勤を義務付けられている専門職です。

 

取得指導を行う資格

 

■カラーコーディネーター検定
色彩のコーディネイト力を検定する試験で、1級~3級に分かれています。3級と2級は色彩に関する総合的な知識を問うもので、1級は色彩学の応用能力試験のほか,ファッション色彩、商品色彩、環境色彩の3分野から1つを選択します。

 

■インテリアコーディネーター
住まいを中心に室内空間を企画、提案、コーディネートすることが仕事です。住まいの増改築、マンションリフォーム、店舗設計などでの活躍が期待されます。1次試験(1.インテリア商品と販売、2.インテリア計画と技術の択一筆記試験)と2次試験(論文試験とプレゼンテーション試験)があり、大学時代としては1次試験の合格を目指したい。

 

■CG検定
CG(コンピュータグラフィック)に関する知識や技能の向上を目的としたCG-ARTS協会が行う検定試験。デザイン、技術の両面からCG制作に必要な能力が試されるもので、レベルは現場で役立つ実践・実務能力の習得を目指したカリキュラムに基づき、ベーシックでは専門知識の理解を、エキスパートでは専門知識の理解と応用を評価。学習に応じて、無理なくステップアップがはかれます。

 

■ 福祉住環境コーディネーター
高齢者や障害者が安心して自立した生活を送るために、住環境の設備充実と改善を提案します。本格的な高齢化社会に向けて多方面で活躍が期待されています。平成11年よりスタートした新しい資格です。