東京家政大学博物館

収蔵品紹介 グァテマラ民族衣装

     
  カクチケル族
ソロラ
  イシル族
ネバフ
  マム族
トドス・サントス・クチュマタン
      
   古代マヤ文明の栄えた中米・グァテマラ共和国。今もその末裔が暮らすこの国では、村ごとに特徴の異なる民族衣装が受け継がれています。

 当館のグァテマラ民族衣装コレクションは、本学名誉教授の赤池照子・卜部澄子・中里喜子・山本良子各氏が1987(昭和62)年に研修旅行でグァテマラを訪れた際、伝統の衣装が失われつつある現状を危惧し、収集保存を志したことに端を発しています。

 以後、数回にわたって現地で収集された資料と、多数の方からの寄贈により、当館所蔵のグァテマラ関連資料は約1,500点を数えるまでとなりました。
 
 色鮮やかな手織りのウィピル(上衣)が注目されますが、当コレクションはウィピル(上衣),コルテ(下衣),ファハ(帯),シンタ(頭飾り)を基本とする衣装一式を揃えることを目指し、現在72の村の衣装が収蔵されています。
 
 
     
  マム族
サン・フアン・アティタン
 
  ケクチ族
サン・フアン・チャメルコ
 
  キチェ族
ナワラ
男性用スーテ
 

   関連資料 約1,500点
資料の一部を「文化遺産オンライン」上で公開しています (2013.12月現在 85件)
※ 「文化遺産オンライン」のサイトへ移動します
  


 

   過去の展示・イベントなど  
  昭和63年 企画展「エスニック発見 メキシコ・グァテマラ衣裳展」
平成  6年 企画展「色と燦き グァテマラ民族衣裳展」
平成10年 企画展「五色の燦き グァテマラ・マヤ民族衣装」
平成10年 企画展「グァテマラのウィピル展」
平成23年 企画展「グァテマラ民族衣装 いろ・もよう・かたちの発見」
平成23年 講演会「歴史の糸 グァテマラ・マヤ族の衣装と織物:先スペイン期から現代まで」
      講師:バルバラ・ノッケ・デ・アラトン氏 (イシチェル民族衣装博物館研究員/バジェ大学准教授)

ほか当館常設展にて展示
 
     
  関連書籍  
  「五色の燦き グァテマラ・マヤ民族衣装」 販売中  


 

 

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園