東京家政大学博物館

学園の歴史と創設者コーナー

 

 

 

学園の創設者 -渡邉辰五郎 ・ 青木誠四郎-

  本学 「学校法人渡辺学園」 は、明治14年、渡邉辰五郎が本郷区湯島の地に開設した私塾 「和洋裁縫伝習所」 としてはじまり、時代の要請に応えて着実な発展を遂げながら、太平洋戦争後に現在の 「東京家政大学」 「東京家政大学短期大学部」 「東京家政大学附属女子高等学校・中学校」 「東京家政大学附属みどりヶ丘幼稚園」 として新たなスタートを切ります。

  このコーナーでは本学の基礎を築いた校祖 渡邉辰五郎と、大学開学当初の学長 青木誠四郎の業績、また二人が掲げた建学の精神 「自主自律」、生活信条 「愛情・勤勉・聡明」 を併せてご紹介します。  

 

* 渡邉辰五郎と青木誠四郎の著作の一部をWeb上で公開しています
     → 東京家政大学機関リポジトリ 「渡邉辰五郎・青木誠四郎コレクション」

 

 《渡邉辰五郎コーナー》
 
 《青木誠四郎コーナー》
 
このコーナーは、当館 常設展にてご覧いただけます。   

 

 

 

 


このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園