教員の紹介

1.主な担当科目 2.入学希望者へのメッセージ 3.研究テーマ 4.主な著書名・作品名等

健康栄養学専攻(修士課程)

池田 壽文 教授
  1. 食品機器分析化学特論
  2. 食品の安全を確保するために必要な分析技術に関する基礎知識と最新分析機器の使い方を修得し、応用実践できる技術者を目指しましょう。
  3. 生物有機化学、ペプチド化学、核酸化学
  4. 『生物薬科学実験講座 第2巻 核酸1 核酸の合成と分析』(廣川書店)、『化学フロンティアシリーズ ゲノム化学 医学,分子生物学への応用と展開』(化学同人)
太田 一樹 教授
  1. 生理学・病態生理学特論、生理学・病態生理学演習、生理学・病態生理学実験
  2. 栄養学は日々進歩しており、生涯にわたって学び続けることが大切です。そのために必要な科学的なものの見方・考え方を身につけていきましょう。
  3. がんや感染症などの各種病態におけるエネルギー代謝調節機構、在宅医療、在宅栄養サポート
  4. 『最新臨床栄養学』(分担執筆・光生館)、『脳梗塞』(分担執筆・メディカルレビュー社)、『よりよい介護のための89のヒント』(分担執筆・メディカルレビュー社)

大西 淳之 教授
  1. 生化学特論
  2. 自分の好奇心や興味を刺激する瞬間が、2 年間の大学院生活のなかにたくさん隠れています。見つけてみてください。
  3. PMS(月経前症候群)に対する食育プログラムの開発とその効果の検証
  4. レーヴン・ジョンソン生物学上・下(培風館)
岡 純 教授
  1. 病態栄養学特論
  2. 現代人の最大の関心事は健康。健康作りの三本柱は、栄養、運動、休養です。栄養のプロとして社会で活躍しませんか。
  3. 痛風・核酸代謝、肥満
  4. 『応用栄養学』(編著・建帛社)、『栄養科学イラストレイテッド解剖生理学』(編著・羊土社)、『ネオエスカ生化学』(分担執筆・同文書院)

小関 正道 教授
  1. 食品学特論
  2. 主体的・積極的な研究活動を!
  3. 飲料水のおいしさに関する研究、機能水の有効利用に関する研究
  4. 『食物繊維の科学』(朝倉書店)、『わかりやすい食物と健康1 食品とその成分』(三共出版)、『飲用の水:栄養と健康のライフサイエンス』(学文社)
小西 康子 教授
  1. 生化学特論、生化学演習
  2. 大学院での研究やさまざまな経験を通じて、自分で考え行動する力を身に付けてください。
  3. 酵素の構造と機能および有効利用
  4. 『コーワン 無機生化学』(分担監訳・化学同人)

佐藤 吉朗  教授
  1. 食安全学特論
  2. 安全・安心な食品の真の意味について皆さんと共に学び、これからの日本の食糧問題への取り組み方を共に考えたい。
  3. 食品中の危害物質の分析、食品のオフフレーバー、食品の香り
  4. 『食品衛生学 Nブックス(2011)』(建帛社)、『新しい食品衛生学実験(2011)』(新版)(三共出版)
澤田 めぐみ 教授
  1. 病態栄養学特論、病態栄養学演習、病態栄養学実験
  2. 食と栄養の専門家として社会に貢献することが出来るよう,既成の枠にとらわれず何事にも積極的に取り組んでいきましょう。
  3. 慢性呼吸器疾患に対する栄養療法
  4. 医師に聞けないあんな疑問,医師が解きたいこんな誤解(メディカルトリビューン)
    一般臨床医学(分担執筆,医歯薬出版)
    臨床研修イラストレイテッド呼吸器系マニュアル(分担執筆,羊土社)

田中 寛 教授
  1. 臨床栄養学栄養療法演習
  2. 向上心と探究心は、年齢にかかわらず絶えず追い求めたい大切な精神ですね。
  3. 栄養サポートチーム(NST)、管理栄養士の人材育成、治療食の精度管理
  4. 「メディカル栄養管理総説」(第一出版)、「ステップアップ・臨床栄養管理演習」(建帛社)、「臨床栄養学概論」(建帛社)他
藤森 文啓  教授
  1. 生命情報科学特論
  2. くらしの科学を学び、生物の中・高教員を目指してください。
  3. 食品・植物・キノコの遺伝子研究
  4. 『バイオインフォマティクスの実際(2002)』(講談社サイエンティフィック)、『ポストゲノム時代の実験講座(2000)』(羊工社)、『室内環境学概論』(東京電機大学出版局)

峯木 眞知子  教授
  1. 官能評価論演習、食品評価特論
  2. 食のもつおいしさと食べる楽しみを知り、栄養との関係をとらえながら、科学的に勉強してみましょう。
  3. 鶏卵およびその加工品の調理科学的研究、食育など
  4. 『食卵の科学と機能』(アイケイコーポレーション)、『子どもの食と栄養』((株)みらい)、『食品・調理・加工の組織学』(学窓社)など
森田 幸雄 教授
  1. HACCP特論
  2. 今日、食中毒細菌による死亡事例や薬剤耐性菌の出現の問題などがあります。食の安全を理解し、正しい対策を実践しましょう。
  3. 食品由来感染症の分子疫学的解析、発展途上国の食品衛生状況調査
  4. 「食の安全性に対する必要知識と実践」(共著)(メディカルレビュー社)、「室内環境学概論」(共著)(東京電機大学出版)、「図解 食品衛生学」(共著)(講談社)

和田 涼子 教授
  1. 保健医療福祉システム学特論
  2. 保健医療福祉のシステムと現状を学び、国民の「QOLの向上」と「健康寿命の延伸」に寄与できる管理栄養士を目指しましょう。
  3. 高齢者の栄養ケアと栄養改善の支援
  4. 『新版 介護福祉運営論』(建帛社)、『栄養教育論』(学建書院)、『臨床に必要な生活支援技術と知識』(弘文堂)、『高齢者の栄養管理ガイドブック』(分光堂)、『臨床栄養学実習』(第一出版)
小林 理恵 准教授
  1. 調理科学特論、調理科学演習
  2. おいしい食べ物は、体の中でも利用しやすい状態になるばかりでなく、生活にうるおいと楽しみを与えます。また、地域、社会を元気にすることにもつながります。おいしい食べ物とは何か、さまざまな視点から考えていきましょう。
  3. 雑穀類(ソバ、大麦など)の調理特性および生理機能性の解明と新規利用方法の追求、酸化ストレスに対応する食事設計法の提案
  4. 『調理を学ぶ』(八千代出版)、Nブックス実験シリーズ『調理科学実験』(建帛社)、『私たちの食と健康』(三共出版)

野原 理子 准教授
  1. 公衆衛生学特論、公衆衛生学演習、公衆衛生学実験
  2. 「自主自立」を目指し、「愛情、勤勉、聡明」を生活信条として一緒に学びましょう。
  3. 勤務環境改善
    ヘルシーワークプレイス
  4. 日本看護協会,看護職の健康と安全に配慮した労働安全衛生ガイドライン(2018年度出版予定)
    丸山総一郎編,働く女性のストレスとメンタルヘルスケア
赤石 記子 講師
  1. 食品プロセス科学特論
  2. “おいしい食べ物”を作るための調理プロセスについて一緒に考え、学びましょう!
  3. 調理科学、穀類、食物アレルギー、エコ・クッキング
  4. 『調理を学ぶ(改訂版)』(八千代出版

重村 泰毅 兼任講師(短大准教授)
  1. 食品機能学特論、食品応用学演習、食品応用学実験
  2. 大学院では、「食と健康」に関わる自分のテーマについて、オリジナリティーに富んだ発想をもって、深く追求してください。
  3. コラーゲン、エラスチン等のペプチド・アミノ酸を中心に、食品成分の体調改善作用に関する研究
  4. 「Dose-dependent changes in the levels of free and peptide forms of hydroxyproline in human plasma after collagen hydrolysate ingestion.Food Chemistry Vol.159,328-332 2014」、「CMC出版 食のバイオ計測の最前線―機能解析と安全・安心の計測を目指して― 重村泰毅」、「栄養科学シリーズNEXT 栄養生理学・生化学実験」(講談社
林 あつみ 兼任講師(短大准教授)
  1. 分子栄養学演習
  2. 栄養学は予防医学です。健康で長寿を全うすることが目標です。
  3. 生活習慣病と栄養
  4. 『基礎栄養学実験』(建帛社)、『生化学実験』(建帛社)

 宮尾 茂雄 兼任講師(短大教授)
  1. 食品産業実習
  2. 大学院は学ぶことの楽しさと奥深さを堪能できるところです。大いなる好奇心、探求心を持って取組んでください。
  3. 発酵食品、食品の保存
  4. 『食品加工学』(建帛社)、『食品加工貯蔵学』(東京化学同人)、『食品微生物学ハンドブック』(技法堂出版)、『伝統食品の事典』(朝倉書店)、『中国漬物大事典』(幸書房)他
木元 幸一 客員教授(リハビリテーション学科特任教授)
  1. 分子栄養学特論
  2. 食事・栄養・健康はクォリティーオブライフのキーワード。一緒に学びましょう。元気で健康な生活を考えましょう。
  3. 栄養と高血圧(関連する生活習慣病)について
  4. 『生化学』(建帛社)、『基礎栄養学』(建帛社)

大学院トップこのページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園