リハビリテーション学科

  • 作業療法学専攻
  • 理学療法学専攻

よくある質問

学科 Q&A

リハビリテーション学科について、よくある質問をまとめたページです。

Qリハビリテーション学科ではどのような資格が取得できますか?
A  すべての学生は卒業と同時に理学療法士または作業療法士国家試験受験資格を得られます。
Q国家試験受験対策は充実していますか?
A  本学では、管理栄養士・社会福祉士・精神保健福祉士・看護師・助産師・保健師等の国家資格取得のためのサポートに力を入れております。合格率は毎年、全国平均を遥かに上回っています。リハビリテーション学科では、1年次から模擬試験を導入し、担当教員が責任を持って指導に当たります。また個人指導等も行いながら、学生個人の特性に合わせた対応を行います。
Q実習はいつ、どこでするのですか?
A  1年次の後期に臨床見学実習を行います。この実習は、医療施設・リハビリテーションセンター・保健福祉施設・就労支援施設・高齢者通所施設(デイ・ケア、デイサービスなど)を見学します。2年次は学生が複数の施設において、特定の対象者と接して、コミュニケーションのとり方や情報収集法を経験します。3年次の評価学実習は、一施設に2週間通い、臨床実習指導者の下で対象者の評価法の知識と技術を学びます。この実習は2ヵ所の施設で行います。臨床実習のⅠ及びⅡでは、3年次の1月から3月及び4年次の4月から8月のそれぞれ8週間を一施設で実習をします。この実習は臨床実習指導者の下で、評価法から治療法までリハビリテーションの流れを修得します。この中では、地域包括ケアの考え方と実践も経験します。
 実習施設は、埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県と多種にわたる施設を文部科学省へ登録しています。一方、新規に設立される施設も順次文部科学省へ申請して実習が可能になるように進めていきます。できるだけ自宅等から通える施設を考慮します。
Q学生寮はどんなところですか?
A  4人部屋と2人部屋があります。ロフト状の個人スペースが確保されており、机・ロッカー・ベッド・収納庫が備え付けられています。共有スペースとしては、浴室・ランドリー・洗面所・ミニキッチンがあります。食事は朝と夕の1日2回、栄養士によるバランスのとれた献立が用意されています。住み込みの管理人がおり、警備員も24時間体制で見守っていますので安心です。

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園