家政学部 教員紹介

教員からのメッセージ:児童教育学科

(1)担当科目
(2)高校生へのメッセージ
(3)教育に対する抱負
(4)研究に対する抱負
(5)主な著書名

 阿部 藤子 Fujiko ABE
  1. 国語科教育法・国語科教育演習読書と豊かな人間性など
  2. 教師という仕事は子どもの成長に立ち会えるかけがえのない仕事です。皆さんの夢を実現するために一緒に学びましょう。
  3. 教員からの講義だけでなく、学生どうしがチームで考え、話し合い、協働しながら学ぶことを心がけています。
  4. 国語科の学習指導と教師の授業力をいかに高めるかに関心があります。
  5. 『対話的に学び「きく」力が育つ国語の授業』 共著 明治図書 2018
    『小学校国語科教育法』 共著 建帛社 2018
    『国語科授業研究の展開-教師と子どもの共同的授業リフレクション研究』共著 東洋洋館出版社 2016
 
 天野 美穂子 Mihoko AMANO
  1. 実践情報活用Ⅰ・Ⅱ 他
  2. 大学ではたくさんの人・学問との出会いがあります。新しい出会いを楽しみ、自分の可能性を広げていってください。
  3. 一人一人の自由な発想を大切にしていきたいと考えています。
  4. インターネット利用が人の心理・行動に及ぼす影響に関心があります。
  5. 「横浜市中学生ネット依存調査」『東京大学大学院情報学環紀要情報学研究・調査研究編』(共著)2017
    『理論で読むメディア文化:「今」を理解するためのリテラシー』(分担執筆/新曜社)2016
    「ソーシャルメディアを介して異性と交流する女性の心理と特性」『東京大学大学院情報学環紀要情報学研究・調査研究編』(共著)2013, 他
 家田 晴行 Haruyuki IEDA
  1. 算数科教育法/算数科教育演習、数学と生活、教職基礎論、教育技術論等
  2. 大学は自分の生き方を考え、方向を見つける場だと思います。その応援をします。
  3. 体験的な活動とそれに基づく「なぜ?」を中心に、討論を大切にする教育をします。
  4. 算数の学習で、子どもの「分からない」が分かるためにはどうするか、が研究テーマです。
  5. 『小学校算数「授業力をみがく」指導ガイドブック』共著(啓林館) 2011
    『学力向上をめざす少人数授業の新展開』共著(東洋館出版)2004
    『算数科の授業と絶対評価』共著(教育出版)2002 他
 木村 博人 Hiorto KIMURA
  1. 体育教育学/からだとスポーツⅠ・Ⅱ、自然とスポーツA・B、体育と健康、レク実技、レク概論
  2. 楽しては楽しみは半減、努力したら楽しみは倍増。
  3. 何事にも正直に向き合ってみたい。
  4. レクリエーション、スポーツ、野外教育がテーマです。
  5. 『あなたの知りたい健康・運動・スポーツのTopics』(共著)
 酒井藤恵 Fujie SAKAI
  1. 英語教授法、児童英語教授法/児童英語教育法、児童英語指導技術研究、異文化コミュニケーション論
  2. 小学生の良き導き手になれるよう精進を続けてください。
  3. 1回1回の講義を学生のために大切に。
  4. 小学校英語教育の課題について考える。
  5. 『One World』(教育出版)2012 
   中尾 浩康 Hiroyasu NAKAO
  1. 歴史学・歴史教育/日本の歴史、基礎ゼミ、専門ゼミ 他
  2. 目標を持って本学を選ぶ皆さんを誇りに思います。その主体性の芽を、強くしなやかな木に成長させていきましょう。
  3. 複眼的な目を養いながら、自ら調査・探究する姿勢を育みたいと心がけています。
  4. 日本古代史・中世史、地域研究・地域学習等に関心があります。
  5. 「律令国家の戦時編成に関する一試論」『日本史研究581』(日本史研究会)2011
     「歴史教育と専門的学知」『歴史評論774』(歴史科学協議会)2014
     「尾張のキリシタン弾圧」『歴史地理教育852』(歴史教育者協議会)2016
     「9世紀陸奥・出羽常備武力の基礎的考察」『アルケイア12』(南山アーカイブズ)2017
    『愛知から見える世界史』(共著/愛知県世界史教育研究会編・刊)2018 他
 走井 洋一 Yoichi HASHIRII
  1. 「教育原論」・「道徳教育法」他
  2. 学ぶことは世界を多様に見る方法を身につけることに通じます。一緒にそうした学びを体験しましょう。
  3. 大学での学びがその後の社会生活に必要な力の形成につながるように支援していきたいと考えています。
  4. 社会性の形成,特にキャリア形成や道徳性の形成のプロセスの解明と,それにいかに教育的にアプローチできるのかを考えています。
  5. 『考える道徳教育──「道徳科」の授業づくり』(共著/福村出版)2018
    『道徳教育を学ぶための重要項目100』(共著/教育出版)2016
    『教育的思考の歩み』(共著/ナカニシヤ出版)2015,他
   長谷川 望  Nozomu HASEGAWA
  1. 「体育科実践」「初等教育実技」「からだとスポーツ」「体育と健康」「自然とスポーツ」
  2. 「意志あるところに道あり」
  3. 自らが積極的に楽しんで身体を動かすことを実践することができる、資質や能力を育んでいきたいです。
  4. 研究の成果をいかに現場に還元するかを追求していきたいと考えています。
  5. 新しい体育の授業づくり サッカー「新しい体躯の授業づくり」共著/大日本図書 2012年
    スポーツ心理学事典 心理的スキルトレーニング「イメージトレーニング」 共著/大修館書店 2008年
    スポーツ心理学事典 競技別メンタルトレーニング「サッカー」 共著/大修館書店 2008年
 林 嘉瑞子  Kazuko HAYASHI
  1. 表現論、書写教育法、保育内容の研究(ことば)、学習指導と学校図書館
  2. 大学は学びの宝庫、課題意識をもって主体的に学んでください。コミュニケーションを図る力を伸ばしてください。
  3. 一人一人のよさや無限の可能性を伸ばすことが、教師の役割だと思います。
  4. 書くことは、考えることです。文章による表現力を高めるための「想」の働きに
     関心があります。
  5. 「思考力を高める作文指導」(共著・教育出版・1990)
    「情報教育と国語科授業の構想と展開」(共著・明治図書・1999)
    「国語科・観点別学習状況の評価規準と判定基準」(共著・図書文化・2012)
    「小学校・古典の扉をひらく 授業アイデア24」(共著・明治図書・2013)
    「未来に向けた確かな学び」(共著・東京教育研究所・2017) 他
 林 四郎 Shirou HAYASHI
  1. 理科基礎研究、理科教育法、理科教育演習、生活科教育法、生活科教育演習 他
  2. 将来どのような分野で活躍したいのか、自分の夢=目標を明確にもち、確かな目的意識で充実した大学生活を送ってください。
  3. 常に「自立」と「自律」を目指し、逞しく且つしなやかに生き抜いていく力を培い、一人一人の個性を引き出す教育を考えています。
  4. 子供が自分たちの考えを観察や実験などによって確かめながら、科学的な見方や考え方を身に付けていく問題解決型の理科授業づくりを目指しています。
  5. 『21世紀の小学校理科カリキュラム』共編著(東洋館出版社) 2006
    『小学校学習指導要領の解説と展開:理科』共著(教育出版) 2008
    『小学校理科の学ばせ方・教え方事典:改訂新装版』共編著(教育出版) 2009
    『小学校新理科の考え方と授業展開』共著(文渓堂) 2009
    『思考力・表現力を伸ばす:新しい学習評価を生かした授業づくり』共著(文渓堂) 2012
 半澤 嘉博 Yoshihiro HANZAWA
  1. 特別支援教育/児童教育、障害児教育、特別支援教育演習、学級経営論、学級集団論、特別活動の研究
  2. 「いい先生になりたい」という皆さんの夢と、「いい先生に教わりたい」という子供達の夢を結びます。
  3. 将来の日本を担う子供達を大切に育てていくことのできる教師を、一人でも多く育てていくことに邁進していきます。
  4. 特別支援教育、ノーマライゼーションとインクルージョン、学級経営
  5. 「発達障害のある子の援助-就学時健康診断で気になった子の継続指導-」別冊児童心理4月号 2012年
    「交流及び共同学習(第4章)」『「特別支援学級」と「通級による指導」ハンドブック 』全国特別支援学級設置校長協会 編 東洋館出版 2012
    「指導要録取り扱い上の留意点(Ⅴ章)」『特別支援学校 新学習指導要録の開設と記入例』大南英明 編 明治図書 2011
    「防災教育の現状と今後の取り組み-特別な支援が必要な子どもへの配慮-」教育調査研究所 研究紀要 第92号 2012年5月
 福田 啓子 Keiko FUKUDA
  1. 社会科教育法、生活科教育法、小学校教育実習、学級経営、児童学研究法 他
  2. 自分の可能性を、大学生活で発見して下さい。
  3. 教育とは、教えて、育てること。小さな発見の芽を大切に育んでいきたい。
  4. 小学校教育における様々な問題を、少しでも解決していく方法を追求していきたい。
  5. 『新教育キーワード』(共著)
 宮 祐子 Yuko MIYA
  1. 音楽科教育法/音楽基礎Ⅰ・Ⅱ
  2. 楽しい仲間、個性あふれる先生、将来に向かってワクワクする環境があります。
  3. 心と心の触れ合いを大切にし、真摯に向き合います。
  4. 音楽的側面から、教師の資質や人間性について考えています。
  5. 「小学校教員に求められる音楽的資質に関する一考察:音楽的資質における「資質」の定義について」『東京家政大学研究紀要』2015
    「保育者・教員養成におけるピアノ授業科目での試み:ピアノ伴奏に対する感性の高まりに着目して」(共著)『東京家政大学研究紀要』2016
    次期学習指導要領等改訂の方向性と音楽科において育成を目指す資質・能力について」『東京家政大学教員養成教育推進室年報』2016
 山田 恵美 Emi YAMADA
  1. 幼児教育学/発達心理学Ⅰ・Ⅱ、幼稚園教育実習、児童教育学演習、他
  2. 子どもの好奇心の先には学びがあります。大人になっても自分が興味のあることに打ち込む姿勢は、人生を豊かにします。
  3. 新たな発見や疑問を共有していきたいと思っています。
  4. 保育・教育環境と子どもの発達を、主に空間的な視点から研究しています。
  5. 『建築設計資料集成 [福祉・医療]』(共著 / 丸善株式会社)2002
    「保育における空間構成と活動の発展的相互対応 ~アクションリサーチによる絵本コーナーの検討~」『保育学研究 第49巻』2011
    「幼児の活動の展開を支える保育環境 ―絵本コーナー内の場と読み方―」『保育学研究 第50巻』2012
 
 結城 孝雄 Takao YUUKI
  1. 美術科教育学・教育実践学/「造形Ⅰ」・「造形Ⅱ」・「図工科教育法」・「総合演習B」・「学習過程論」 他
  2. 興味と関心が成長の出発点。人と出会い、人とつながることで人の成長はさらに飛躍していきます。
  3. 子どもの目線を大切に、子どもから学び、共に成長する教員の資質を育みたいと思います。
  4. 造形活動を通した人間形成、とりわけフランス美術教育の研究。
  5. 『造形芸術の技法(訳書)』(共著/日本文教出版)2004
    『つくる・えがく・たのしむ』(共著/草土文化)2006
    「フランス美術教育の今日的状況」『日本美術教育研究論集43』2010
    「フランス芸術教育の現状と課題」『日本美術教育研究論集45』2012 他
 

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園