大学・学部紹介

教員からのメッセージ:家政学部/児童学科・短期大学部/保育科

(1)担当科目
(2)高校生へのメッセージ
(3)教育に対する抱負
(4)研究に対する抱負
(5)主な著書名

 

花輪 充

(1)保育内容の研究(表現II)、総合演習、保育内容の探究(表現)、保育総合表現
(2)好奇心旺盛に授業に取り組みましょう。自分の可能性を開花させ、魅力ある人となれ!
(3)演劇活動を活用した教育への取り組み。
(4)教育・福祉機関や企業において教育方法としての演劇の可能性と有効性を研究。
(5)「劇あそび春夏秋冬」すずき出版、「劇あそびがとびだした」フレーベル館

 

金城 悟

(1)社会福祉、児童家庭福祉、保育実践演習E(施設保育の探究)、総合演習、ほか
(2)出会う人々をたいせつにし、たくさん遊び、たくさん学び、夢を実現してください。
(3)「子どもを守る」社会の仕組みと課題について一緒に学んでいきましょう。
(4)子ども達や子ども達を守る大人や地域社会が元気になるためにはどうすればよいのか、日々考えています。
(5)「福祉心理学総説」 田研出版、「子ども家庭福祉」光生館

 

岩崎 美智子

(1)児童家庭福祉I・II、社会的養護概論、社会福祉事業方法論など
(2)大学は保育園と似ているところがあります。その謎を解くためにあなたも家政大に来ませんか?
(3)学生たちには、自分自身に誇りを、他者に対しては想像力を持つ人になってほしいと願っていますが、実際には授業やゼミを通してわたしのほうが教えられています。
(4)「こうあるべき」や「ねばならない」ではなく、事実や現象を自分で確認しながら、人間や社会について考えているつもりです。
(5)「現代児童福祉概論」川島書店(共著)、「社会福祉へのアプローチ」中央法規出版(共著)

 

榎沢 良彦

(1)保育原理、幼児理解と援助、総合演習
(2)当たり前と思っていることに疑問を持とう。
(3)深く考えることを重視した教育を行っていきたい。
(4)保育の中で子どもたちがどれほど豊かに生きているのかを明らかにしたい。
(5)「生きられる保育空間」学文社、「新しい時代の幼児教育」有斐閣、他

 

及川 郁子

(1)子どもの保健 I、子どもの保健 II、小児保健など
(2)子どもたちの育ちの応援団になれるよう一緒に学びましょう。
(3)学生自らが学びのスタイルを作れる授業を作っていきたい。
(4)慢性疾患など病気のある子どものケアについて。
(5)「医療保育セミナー」建帛社、「子どもの外来看護」へるす出版、「小児看護ベストプラクティス」中山書店(監修)など。

 

笹井 邦彦

(1)音楽 I、幼児音楽B、保育内容の研究(表現II)、保育総合表現、総合演習
(2)一人一人、自分自身の夢を持って、そして輝いてください。
(3)学生個々の本来的なニーズに答えていきたいと思います。
(4)自らの音楽性の深化と、その音楽性をすべての人のために活用できたらと思っています。
(5)「即興演奏」カワイ出版、「イメージ音楽で遊ぼう」フレーベル館、他

 

佐藤 暁子

(1)教職実践演習(幼)、保育内容総論、総合演習
(2)幼児教育に興味関心のあるあなた!子どもたちの心豊かな未来創りに参加しませんか?子どもたちの心の声を聞き、夢を実現する!幼児教育は素晴らしい学問です。
(3)幼児期は「親と子の育ちのとき!」教科書や楽譜を見て学ぶのではなく、心弾む体験を通して学んでいく子どもたちの成長発達を保護者と教師がしっかりと愛情をもって見守り、支援していくことが大切であると考えます。
(4)長年の保育者生活で学んだ幼児教育の奥深さを未来の保育者にバトンタッチするため私自身が幼児教育(就学前期から就学後期に向けて)について学び続けていきたいと考えています。
(5)「幼稚園・保育所の運営トラブル解決事例集」第一法規、「指導計画」 ひかりのくに

 

佐藤 英文

(1)保育内容の研究(環境)、子ども環境論、生命科学入門、物理学概論、生活
(2)自然を見る目を持ちましょう。自然は不思議に満ちていますが、見ようとする心がなければ見えないのです。
(3)子どもと自然をつなぐ橋渡しができる保育者を育てること。
(4)自然環境が子どもに与える影響、子どもの科学性とその芽生え、草花あそびの収集と継承、土の中の生き物の世界、について研究しています。
(5)「心にしみる80話」PHP出版、「草笛―野の楽器を楽しむ」築地書館、「日本産土壌動物・分類のための図解検索」東海大学出版会

 

高野 貴子

(1)子どもの保健 I、子どもの栄養、総合演習ほか
(2)学びに大切なことは素直さ。なぜだろうという疑問、直感を大事にしてください。
(3)こどもの発達、健康と病気、障害などの分野をわかりやすく伝えたい。
(4)先天異常や遺伝に関することを研究しています。
(5)「わかりやすい臨床遺伝学」「ダウン症」「小児科学」ほか

 

戸田 雅美

(1)児童学研究法、児童学総論、保育内容の研究(ことば)、総合演習
(2)「子ども」についてそして「保育」について、ぜひ一緒に考えていきましょう!
(3)子どもの思いを想像でき、その思いを大切にする保育を創造できる授業をしていきたい。
(4)保育の現場の只中で立ち上がってくる問題をテーマとして研究していきたい。
(5)「保育をデザインする」フレーベル館、「保育者論」相川書房、その他

 

西海 聡子

(1)音楽 I、幼児音楽A、保育実践演習H(器楽表現の探究)、総合演習
(2)夢をもち、「今」を大切に。
(3)子どもたちの表現を受けとめ、音や音楽で楽しくコミュニケーションできる感性と力を育てましょう。
(4)子どもの世界が、楽しく豊かにそして愛情に満ちたものとなるような、幼児の音楽教育を考えていきたいと思います。
(5)「新保育者・小学校教員のためのわかりやすい音楽表現入門」北大路書房(共著)、「うたって楽しい手あそび指あそび120」ポプラ社(共著)

 

平山 祐一郎

(1)総合演習、学校教育心理学、保育心理学、ゼミナール、児童学総論、卒業研究
(2)年齢が増えるにつれて、時間の流れが速くなります。ぜひ一日一日を大切にして下さい。
(3)知識を供給するだけでなく、知識の使い方や知識の生み出し方も学生と共に考えたい。
(4)現在、「大学生への読書教育の可能性」について研究中。
(5)「大学生の読書状況に関する教育心理学的考察」野間教育研究所

 

細田 淳子

(1)保育内容演習(表現)、保育実践演習B(幼児音楽の探究)、総合演習
(2)興味のあることにはチャレンジしてみましょう。それはきっと将来へつながります。
(3)音楽に合わせて身体を動かすことや、楽器で遊ぶことや、声を合わせて歌うことの楽しさを感じ、表現できる学生を育てたい。
(4)乳児がどのようにして歌い始めるのかを、明らかにしたい。
(5)「わくわく音遊びでかんたん発表会--手拍子ゲームから器楽合奏まで--」 すずき出版、「わらべうた・手合わせ遊び・子守うた」すずき出版、「自然をうたおう」すずき出版、「保育内容『表現』」ミネルヴァ書房(共著)など。

 

正木 義晴

(1)教育概論 I・II、教育哲学、教職実践演習
(2)色々な分野や対象に興味・関心を持つように心がけること。
(3)個々の学生の教育要求に対応できる講義を心がけている。
(4)教育科学の方法を学べば学ぶほど困難さが増す。
(5)「幼児と教師」酒井書店、「人間存在と教育の理論」酒井書店

 

増田 まゆみ

(1)教職基礎論、保育相談支援、保育原理、保育実習指導 I・II、総合演習
(2)人間は、一生涯発達し続ける存在です。昨日の私、今日の私、明日の私へと未来に向かって変容し続けるエネルギーの源は「驚く心」です。子ども、そして保育について「驚く心」を持ち続け、学んでいきましょう。
(3)危機的状況にある子育ち・子育ての状況の中で、時代の変化と共に変えなくてはならないものと、どんなに時代が変わって変えてはならないものを学生と共に考えつつ、確認していきたいと思っています。保育者養成で大切なことは、理論と実践を絶えず繋げながら、深く思考する力と実践力を身体にしみ込ませていく教育です。実習を核にした保育者養成の構築を願っています。
(4)保育現場に学び、保育現場と共に研究を深めていく姿勢を持ち続けています。一人ひとりの子どもをかけがえのない存在として、尊厳ある人間として、心身ともに健やかに育つことを第一義にした保育の実現に向けて、保育の質の向上と評価・保幼小の連携・実習を核とした保育者養成などのテーマで取り組んでいます。
(5)「保育課程・教育課程総論」ミネルヴァ書房、「保育要録の書き方」チャイルド本社、「保育指針の展開~保育の真髄」明治図書

 

井戸 裕子

(1)保育内容の研究(表現 I)、保育総合表現
(2)人の身になって考え、行動できるように。
(3)愛情、誠実さ、ユーモアの精神で、学ぶことが楽しいと感じられるように。
(4)保育に直接結びつく実践研究を考えています。
(5)「保育内容 造形表現の探究」 黒川建一編著

 

梅谷 千代子

(1)からだとスポーツ I・II、体育、幼児体育
(2)こころとからだを弾ませながら遊び心と遊べるからだに磨きをかけましょう。
(3)体を通しての対話の意義を見直し、皆で楽しく動きましょう。あなたが育つ時私も育つ。
(4)人は何故踊るのか。好奇心に誘われ、東西南北へ。自分で見て感じて、定義しています。
(5)「子どもと運動遊び」不昧堂

 

尾﨑 司

(1)保育内容の研究(人間関係)、保育内容演習(人間関係)、保育実習指導 I・II・III、保育実習 I・II・III
(2)子どもにかかわる仕事は、人を豊かにします。一緒に、楽しみながら、前へすすみましょう!
(3)大学は、学生のためにあります。学生第一で、役に立てる教員として、日々成長してまいります。
(4)幼児・児童期におけるESD(持続可能な開発のための教育)の実践研究のほか、アクションリサーチによる実習教育、現場のマネジメント理論の構築に取り組んでいます。
(5)「事例と図解で学ぶ保育実践 子どもの心の育ちと人間関係」保育出版社(共著)、「地球市民のための入門講座 グローバル教育の可能性」三修社(共著)、「テレビでたどる子どもの文化第3巻 テレビCM」岩崎書店

 

是澤 優子

(1)児童文化、子どものことばと文化
(2)勉強は楽しいですか。歳を重ねるごとに探求心が深まり、学ぶ楽しさは増していきます。
(3)〈知る楽しさ〉と〈考える面白さ〉を、学生が実感できる教育を目指しています。
(4)児童文化の源流をたどり、子ども像を探求することが研究の第一目標です。
(5)「子ども像の探究 -子どもと大人の境界-」世織書房、他

 

鈴木 裕子

(1)子どもの保育 II、障がい児保育演習
(2)自分の興味や関心を深めていくための情報を集めてみましょう。
(3)基本的な理解と柔軟な応用を目指して、解りやすい授業をおこなう。
(4)一人一人の子どもたちの「生命の輝き」を大切にする保育を追及する。
(5)「乳幼児の心とからだ」、「小児保健実習セミナー」

 

高辻 千恵

(1)家庭支援論、幼児理解と援助、育児支援特講A(在宅保育)・C(保育ソーシャルワーク)、児童学特講C(保育臨床)
(2)楽しく、かつ真摯に保育の奥深い世界を一緒に学んでいきましょう。子どもとふれあい、育ちに寄り添うことの喜びをたくさん味わってほしいと思います。
(3)子ども理解とよりよい保育の探求、この「正解」のない問いについてともに考えながら、その面白さと難しさ両方の魅力を共有したいと願っています。
(4)乳幼児期の発達(主に社会情緒的側面)とその援助、保育の質の向上について、保育実践・現場との循環性を大切にした研究を目指しています。
(5)「発達が見える 0・1・2歳児の指導計画と保育資料」学研(共著)、「家庭支援論」全国社会福祉協議会(共著)

 

平野 順子

(1)家族関係学、生活経営学、家政学原論、キャリアデザイン
(2)興味をもったことは、なんでもとことん追求して下さい。それは、長い人生のどこかで必ず、時には予想もしない形で役に立つことがあるでしょう。
(3)皆さんの身近な問題から社会の背景が見えて、そしてその奥の深さを知ることができるような授業を心掛けています。
(4)「世界中の家族が幸せになれるように」との思いで、家族研究を行っています。

 

堀 科

(1)乳児保育演習、保育指導論、育児支援特別演習C
(2)子どもの幸せを考えることは、ひいては生きとし生けるもの全ての幸せにつながります。一緒に「幸せ」について考えてみませんか。
(3)自分の想いに向き合える人、自分の言葉で語れる人になってほしいと願っています。
(4)子どもの姿から学ぶ、いつもこの基本に立ち返ることに努めています。
(5)「流れがわかる幼稚園・保育所実習〜発達年齢、季節や場所に合った指導案を考えよう〜」萌文書林、「こどもの世界 こどもと文化/生活」大学図書出版、「保育者のたまごのための発達心理学」北樹出版、他

 

松本 なるみ

(1)社会的養護内容演習、保育実習、総合演習など
(2)大学では「何を知らないかを知る」ということから始めてみませんか。楽しいですよ!
(3)授業では、マークシートでひとつの答えを塗りつぶすのではなく、事象をとらえ、問う力と想像力をもって考えるプロセスを大切したいと思っています。
(4)現在、施設保育士の「養護性」について研究中。
(5) 保育者の養護性はどのように形成されたのか 幼児の教育 111巻1号 フレーベル館(共著)

 

森田 浩章

(1)造形、造形A・B
(2)子どもたちに、ものをつくる楽しさ、絵を描く楽しさを伝える方法を学びます。
(3)教育の根っこのところに、私は、「子どもひとりひとりのピカリと光るモノを発見し、それをのばすこと」を据えています。
(4)自然の素材(木材、土、石)を生かした子どもの遊び道具の開発、絵の苦手な子に対する指導法など、子どもによりそった研究を続けています。
(5)「モリタニアンの造形教室」つなん出版、「影絵遊び・影絵劇」童心社、他

 

梁川 悦美

(1)幼児体育、体育、保育内容の研究(健康)
(2)目標をしっかり見極め、それに向かって努力すれば夢は叶います。
(3)動く「楽しさ」を経験して、将来それが生かせるような保育者を養成する。
(4)伝承遊びとしての「お手玉」「鬼遊び」などについての実践研究

 

渡部 晃正

(1)教育概論 I・II、教育制度論、教育内容・教育方法、他
(2)Become what you want to be!
(3)”振り返り”と”気づき”により”学びの成果”を実感できるような授業展開を心がけています。
(4)教育・保育制度、多文化保育、子どもの社会化と成育環境などに関心を持ちながら研究に取り組んでいます。
(5)「教育実習安心ハンドブック」学事出版

 

柿沼 芳枝

(1)教育実習(幼)の研究、保育内容演習(ことば)、保育指導論
(2)真剣に子どもと向き合う中で自分自身も保育者として磨かれていく、保育はそんな素敵な仕事です。
(3)授業と実習を通して、保育の魅力とやりがいを感じてほしいと願っています。
(4)保育内容が時代とともにどのように変遷してきたのか、保育実践史に関心をもって研究しています。
(5)「保育内容の基礎と演習」わかば社(共著)、「保育内容総論」大学図書出版(共著)

 

藤堂 暎子

(1)教育実習(幼)の研究、教育実習(幼)A、教職実践演習(幼)
(2)いろいろと体験し、チャレンジして自分の進むべき道を模索してほしい。
(3)自分が体験してきた幼稚園での子どもたちの様子。保育について具体的に伝えながら、幼稚園教育のやりがい、奥深さ、など感じられる授業を進めていきたい。
(4)教育実習事前指導・事後指導のより効果的な在り方について研究をしていきたい。
(5)「保育内容『表現』」東京書籍(共著)、「保育内容『言葉』」東京書籍(共著)

 

榎本 眞実

(1)保育課程論、教職実践演習(幼)、教育実習(幼) 他
(2)「子どもと共に創る保育」について、一緒に考えていきましょう。
(3)保育者になりたいという「夢」の実現に学生がしっかりと向かえるような授業をすすめていきたいと考えています。
(4)一人一人の子どもたちの成長に寄与できる研究をめざしています。
(5)「幼児教育・保育課程論」建帛社(共著)、 「子育て支援 心を育む 心をつなぐ絵本101選」福村出版(共著)

 

佐藤 隆弘

(1)学校教育心理学、発達教育心理学、現代社会の心理学 他
(2)学ぶことを楽しみながら、有意義な学生生活を過ごして下さい。
(3)学生と共に人間行動の面白さについて探求しながら、疑問に思ったことを自分で調べることや、考えることの大切さを伝えていきたい。
(4)人の行動や思考を、「行動分析学」の視点から研究しています。
(5)「教育心理学 言語力からみた学び」培風館(共著)

 

池畑 亜由美

(1)からだとスポーツⅠ・Ⅱ、自然とスポーツA・B、体育と健康、体育
(2)大学生活というものは、未来の自分につながる大切な時間です。一瞬一瞬の出会いと感動を大切に夢に向かっていきましょう!
(3)生き生きとした笑顔あふれる健康的な女性として、社会で活躍できるよう学生たちのこころとからだの健康をサポートしていきます。
(4)2020東京オリンピックパラリンピックに向けて、世界で活躍する女性アスリートの健康教育プログラムを構築します!
(5)「知ってほしい 女性とスポーツ」サンウェイ出版、「野外教育入門シリーズ 第3巻 水辺の野外教育」杏林出版

 

石川 昌紀

(1)教職実践演習(幼)、保育内容総論、保育内容の探究(人間関係)、総合演習、教育実習(幼)の研究、教育実習(幼)
(2)子どもたちの育ちを支えるために、あなただからできることに期待します。保育の魅力を探究して、子どもたちのかけがえのない存在になってみませんか。
(3)子どもたちが楽しいと思っていることを、自らも楽しいと思えることが大切!そう思えるような保育者を育てていきたいです。
(4)「困っている子どものいる保育」を問い直すこと(インクルーシブな保育実践)、「子どもの育ちを支える保育者」を支えること(保育者支援)について探究しています。
(5)巡回保育相談実施園における他園職員の参加研修 保育の実践と研究  Vol.19  No.3 スペース新社保育研究室

 

中村 教子

(1)保育実習指導 I・II・III、保育実習 I・II・III
(2)人との出会いや体験を通して、保育の世界を学ぶ楽しさを共有していきましょう。
(3)保育実習の学習や経験を通して、将来の夢に繋がるための授業を進めていきます。
(4)保育実習事前指導・事後指導のより効果的な在り方について学び研究していきます。




このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園