学科の特色

学科の特色

学科の特色

栄養学科では、人々の食と健康の向上に尽力する人材を育成することと、中学校・高等学校教諭等の
資格・免許を取得して社会で活躍する人材を育成するため、以下の2専攻を設置しています。

学科の特色

学科長メッセージ

健康、栄養、食品、調理など、食に関する専門知識知識や技能について学修し、医療、行政、教育、産業の領域で、専門家として社会に貢献できる人を育成することを目的としています。

教育方針・受入方針

アドミッションポリシー

栄養学科は、「人々の食と健康の向上に尽力する人材を養成する。そのために食品学、栄養学、社会医学、臨床栄養学の分野で知識、技能を教育し、研究を指導・遂行する。また、栄養士、管理栄養士、中学校・高等学校教諭・栄養教諭等の資格・免許を取得して社会で活躍する人材を育成する」ことを人材養成及び教育研究上の目的としています。この目的に基づき、次のような人を求めます。

  • 栄養・運動・休養による健康の維持増進、傷病者の病態の理解と栄養管理、チーム医療に感心を持つ人
  • 健康および疾病を有する人の食事のあり方に関心を持つ人
  • 食品・調理が人の健康と病態に対する役割を明らかにしたい人

ディプロマポリシー

食品、調理、栄養に関する基礎と臨床に関する深い知識と実践的技能を有し、医療、行政、教育、産業の領域で専門知識および技術に優れた専門家として社会に貢献できる。

知識・理解

  • 管理栄養士・栄養士・栄養教諭・家庭科教諭として栄養の指導、栄養教育、食と健康に関する専門的知識を理解している。
  • 公衆衛生、健康の保持増進、医療に関して、環境と健康、人体の構造と疾病の成立、食物・調理を基礎知識として理解している。

汎用的技能

  • 食品、調理、栄養に関する基礎知識を実際に実験で確かめ、調理・食物加工・安全衛生管理能力を実習で身につけ、基礎的技能を有している。
  • 基礎的技能をライフステージ栄養・環境栄養、給食管理、行政、介護、医療に応用する能力を有している。
  • 栄養教育では、習得した知識をもとに、集団あるいは個人に、栄養の関する自己管理能力を定着させるべく、行動の変容の実現を支援する能力を修得している。

態度・志向性

  • 社会・環境の変化に対して、問題点の把握を客観的に行う能力を有している。
  • 客観化の指標として、十分に情報を収集と解析する能力を修得している。
  • 問題点解決のための計画を立案することができる。
  • 問題点の解決に、自己努力とともに、チームで討論し解決する能力を身につけている。

総合的な学習経験と創造的思考力

  • 医療を志すものは生命、死生感および生命倫理に対し、自己の意見を持っている。
  • 自立の精神のもとで、自分の考え方を実体験の中から修得している。
  • 自分の考え方を基に、自己を表現する能力を持っている。
  • 他人の考え方との協調・共感し、相互理解する能力を有している。
  • 自他をこえ止揚された、新しい未来志向的な創造思考能力を修得している。

カリキュラムポリシー

全学共通教育科目の学習を通して、現代の社会情勢の激しい変化、多様性に対応できる判断力を育成し、専門の枠を超えた基本的な知性を涵養する。
専門教育科目について、人々の生涯にわたる健康の維持・増進と心身の調和的発達に積極的に取り組む専門職となるために、教員の指導のもと、遺伝子・細胞レベルの生体メカニズムから、個体・集団レベルの健康の維持・増進に至るまで、食品学、調理学、栄養学、社会医学、臨床栄養学の各分野の学習を通して幅広い知識を修得する。
基礎から応用まで多数の演習・実験・実習を行うことで、知識だけでなく、自分の体験をもとに物ごとを考える態度を身につけ、栄養学全般に関する実践的能力を養う。
管理栄養士専攻においては、今日の管理栄養士に必要な知識を修得できる科目構成で、管理栄養士国家試験の合格を目指す。

卒業後の活躍分野

栄養学専攻

栄養に関する専門知識を生かして、病院や児童福祉施設の栄養士から、食品メーカー等の企画・開発・栄養士営業職まで幅広い現場で活躍できます。また、栄養教諭、家庭科教諭として教育現場で活躍する先輩も多くいます。

管理栄養士専攻

病院や施設・保健センターの管理栄養士や栄養教諭、中・高の理科教諭のほか、学校栄養士、幼稚園・保育園の栄養士、食品メーカーの研究職など、医療、教育・福祉、研究等の分野で活躍しています。また、地方公務員の専門職として活躍する先輩も数多くいます。

専攻の違い

  栄養学専攻 管理栄養士専攻

 
栄養について幅広く学び、食と健康に関わるさまざまな仕事につきたい人に向いています。食育分野で期待の高まっている栄養教諭をはじめ、家庭科教諭、保育園・学校・企業の栄養士など、幅広い知識と実践力のある食の専門家を養成します。 医療・福祉分野で期待される管理栄養士になることを第一に考えている人に向いています。チーム医療の重要性が高まる今日、人体の仕組みや臨床栄養学など医学的な分野まで深く学び、医師、看護師、薬剤師などと連携しながら、治療に向けた栄養管理ができる管理栄養士を養成します。






  • 栄養士
  • 中学校教諭一種(家庭・保健)
  • 高等学校教諭一種(家庭・保健)
  • 栄養教諭二種
  • 管理栄養士国家試験受験資格
    (実務経験要1年以上)
  • フードスぺシャリスト(受験資格)
  • 食品衛生管理者任用資格
  • 食品衛生監視員任用資格
  • 大量調理施設HACCP管理者資格
    (東京家政大学認定)
  • 図書館司書
  • 学芸員
  • 栄養士
  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 中学校教諭一種(理科)
  • 高等学校教諭一種(理科)
  • 栄養教諭一種
  • 食品衛生管理者任用資格
  • 食品衛生監視員任用資格

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園