人文学部 教員紹介

教員からのメッセージ:英語コミュニケーション学科

(1)担当科目
(2)高校生へのメッセージ
(3)教育に対する抱負
(4)研究に対する抱負
(5)主な著書名

新井 哲男

(1)アメリカ文学史、現代英文購読、現代英米文学作品研究、ゼミ、等
(2)大学は、あなたの将来の基盤を作る場です。多くの人と触れあい、発見を楽しみましょう。
(3)「學ぶ」という字は、人と人との交わりのもとに子供がいます。ここから学問は始まります。
(4)文学を通して、人の生き方について考えていきたい。
(5)『アメリカ文学のヒロイン』(リーベル出版)、『アメリカ文学作家作品事典』(本の友社)、他

石塚 倫子

(1)イギリス文学史、ゼミ、 英米小説講読、シェイクスピア研究、Basic Wriging SkillsⅠ等
(2)4年間の大学生活で、柔軟性のある生き生きした女性になるため一緒に勉強しましょう。
(3)各自の可能性を最大限に引き出し、自立した品位ある女性に成長することを助けたい。
(4)英国ルネッサンスの劇作家シェイクスピア中心に、ジェンダーの問題を考えていきたい。
(5)共著『シェイクスピアの変容力』、共著『ジェンダーは超えられるか』他

太田 洋

(1)英語科教育法Ⅲ・Ⅳ、児童英語教材研究Ⅰ・Ⅱ、英語学研究Ⅰ・Ⅱ他
(2)英語を身につけて、世界への扉を開きましょう!みなさんの夢をサポートします。
(3)一人ひとりに適した英語学習法を示し、学生のみなさんの英語力をつけるお手伝いをします。
(4)小学校と中学校の英語教育の効果的な連携のための研究を継続していきたいと思います。
(5)『英語を教える50のポイント』(光村図書出版)『日々の英語授業にひと工夫』(大修館書店)文部科学省検定教科書Columbus English Course21(光村図書出版)

小池 新

(1)情報概論、プログラミング演習、データベース演習 他
(2)英語と情報技術を駆使して、グローバルにみなさんの考えや文化を発信していきましょう。4年間で新たな世界を一緒に作り出していきましょう。
(3)情報技術の学習を通じて、社会のあり方を学生と共に考えていきたい。
(4)知能情報コミュニケーション知能を具体的にさぐっていくこと。
(5)共著『トラヒックマネージメント仕様 4.0(一二三書房)』、共著『A Session Initiation Protocol (SIP) Load-Control Event Package (The Internet Engineering Task Force)』

小泉 仁

(1)英語科教育法、児童英語活動論、応用言語学、ゼミなど
(2)英語の力を伸ばし、英語について学び、そして、言語のおもしろさを一緒に探ってみましょう。
(3)自分自身に合った英語の学び方を見つけ、楽しみながら頑張る学生を支援する。
(4)英語教育の激動期、小・中・高の現場の教員を励ます研究を心がけています。
(5)「担任が行う小学校英語の展開」英潮社フェニックス

鈴木 繁幸

(1)英文法、Basic Writing Skills 他
(2)世界が混沌としている今こそ英語を学んで、世界へ羽ばたく礎を築いてください。
(3)世界的視野で常に考えることのできる学生を育てることを目標としております。
(4)映画英語、米国文化研究を中心に行っております。
(5)Phrasal Verbs-In Action (マクミラン)『TOEIC/TOEFL英語テストの攻め方』(荒竹出版)他

田頭 憲二

(1)英英語IB,Basic Writing Skills
(2)大学は可能性に満ち溢れています。是非,様々なことに挑戦をしてください。
(3)知らないことを知る喜びを味わってもらいたいと思います。
(4)人はどのように母語以外の言語を習得するのかを探る。
(5)Hot or gelid? The influence of L1 translation familiarity on the interference effects in foreign language vocabulary learning

時田 朋子

(1)フランス語演習、フランス語会話の基礎
(2)言語は、視野を広げて世界を狭くしてくれます。言語の学習を通して、自分の可能性を追求してください。一緒に楽しく学びましょう。
(3)ひとりひとりが自主自律した女性になれるよう、精一杯サポートします。
(4)バイリンガルの子どもが言語を使用するメカニズムについて研究しています。
(5)「ケベックを知るための54章」(共著)(明石出版)、NHKテレビ講座「3か月トピック英会話・英語で歩く大自然!山ガールカナダの旅」(NHK出版)

Tom Edwards

(1)American Literature, Essay Writing
(2)Welcome to Tokyo Kasei University. Here, you’ll have an opportunity to challenge yourself and reach your full potential. I’m looking forward to working with you.
(3)Through the study of literature, you can develop critical-thinking skills. These skills will serve you not only within the university community but in all aspects of your life.
(4)We use short stories and nonfiction as a springboard for writing about our experiences.
(5)Mobile English: American Rock, English Frontiers(coauthor)

 

並木 有希

(1)英米小説購読、英米の歴史、アメリカ文学演習
(2)大学での四年間、いろいろなことに挑戦し自分の可能性を広げてください。そのお手伝いができれば幸いです。
(3)各人が将来につながる目標をはっきりさせ、それを達成するにはどうしたらいいのか考え、そこに向かって英語力を高め、教養を研鑽する過程を効果的にサポートできるように考えています。
(4)二十世紀米文学、特にニューヨークを中心とした米都市文学を、環境との関連に着目して研究しています。
(5)“The City of the American Dream: A Bret Easton Ellis / Steven
   Millhauser Remix." 東京大学大学院人文社会系研究科・現代文芸論研究室論集2号

 

根本 貴行

(1) 英語学概論、英語学演習、ゼミ、等
(2) 知識と教養を身につけて、進路や生き方の選択肢をたくさん作り、豊かさを実感しましょう。
(3) 単なる学習ではなく、「知る」興奮や「気づく」興奮、「発見する」興奮を味わってもらいたいと思っています。
(4) 人は生後4~5年で母語の文法を覚えます。なぜ短期間でことばを獲得できるのかということを研究しています。
(5) 『フェイバリット英和辞典』(共著、東京書籍)『日英の言語・文化・教育』(共著、三修社)

原 惠理子

(1)米国文化論、英米小説講読、人間の探究(a)、ゼミ他
(2)言葉を学ぶことは心を学ぶことです。感動するコミュニケーションを共に学びましょう。
(3)自己に誇りをもち、主体的な生き方をできる社会と未来を築くことが教育の使命です。
(4)作品の深さや豊かさを伝え、生きる意味を問う教育を実践するために研究しています。
(5)Crucible of Cultures (P.I.E.-Peter Lang)、『ジェンダーとアメリカ文学』(勁草書房)他

Robert James Lowe

(1)Advanced Oral Communication, British Culture
(2)This is your opportunity to decide on your future path. I hope we can help you.
(3)Education should give you skills, knowledge, and new perspectives on the world.
(4)English is a tool of communication, and we will help you to understand, where, when, and how to use it.
(5) Lowe, R. (2015). "Cram Schools in Japan: The need for research", The Language Teacher 39 (1).
Lowe, R. (2015). "Integrating Blind Students into the EFL Classroom", English Teaching Professional 99.

谷田 恵司

(1)英語B、イギリス文学演習、英国文化論I・II他
(2)大学は宝の山です、探せば何かがきっと見つかります。
(3)学生諸君の可能性を最大限に引き出すことこそ教員の最大の役割だと考えています。
(4)イギリスの小説を主な研究対象としています。
(5)『ジェイン・オースティンの世界』(共著)他

 

横田 由美

(1)英語史、英文法、語法研究、他
(2)英語が出来ると世界が近くなります。そして可能性が広がります。頑張りましょう、一緒に。
(3)英語を共に学びながら自主・自律の精神を持った輝ける女性へ皆さんが成長していく手助けをしたい。
(4)古いものを学ぶことで新しいもののより深い理解に努める。
(5)『ヴァイキングのイングランド定住―その歴史と英語への影響』(現代図書)

 

エディタ

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園