キャンパスライフ

勧誘・悪徳商法

【勧誘】
・ 「○○課△△です。」といって、大学関係者を装い、学生の個人情報を聞き出す電話による
  被害が報告されています。大学が電話で、学生情報(本人・保証人の住所、電話番号等)を
  尋ねることはありません。

・ セミナー、アルバイト、商品購入、アンケートなどの勧誘を受けることがありますが、
   その大半がトラブルに発展し、学生生活が安全に送れない事態にもなります。
   勧誘に安易に応じない、個人情報を教えないことが、何よりのトラブル予防です。

・ 本学構内では、許可のない勧誘・販売・アンケートなどの行為を禁止しています。
     万一、疑わしい勧誘行為等を見つけた場合には、学生支援課または学務課までご一報ください。 
                                                
                                                                                                             

【宗教勧誘】
日本の国民は憲法で「信教の自由」を保障されており、いかなる宗教を信じるのも自由です。
しかし、世の中には正常な判断力を失わせて信徒にしたり、
信徒や家族から金銭等を巻き上げたり、また、高額な物品を販売する宗教があるのも事実です。
このような団体は、表面上は英会話等の学習サークルやレクリエーションサークル、
占い・手相サークルなどを装っていることが多く、気がつくと抜け出すことが
できなくなっている場合があります。特に合宿形式のセミナーや高額な参加費が
必要なセミナーに参加を要請された場合には、
即断せずにじっくりと考えて判断するよう、十分に注意をしてください。


【悪徳商法】
「自分はだまされない」と思っていても、甘い言葉や笑顔、時には泣き落としといった
巧みな手口で、契約させようと迫ってきます。その手口も多種多様になってきており、
悪徳商法の被害は後を絶ちません。

・ 「友達などを誘って組織に入会させ、商品を売れば儲けが入る」と誘われる。
・ 「プレゼントが当たりました」と突然呼び出され、商品やサービスの購入を勧められる。
・  ネットやSNSで知り合った相手と何回か会った後、商品を買って欲しいとお願いされる。
・ 「受講すれば資格が取れる」「すぐ国家資格になる」と勧誘し、
      講座や教材を契約させようとする。

 
 <だまされない! 5つの心得>


 1.はっきり断る

      あいづちを打てば相手のペースにのせられます。身分と用件を聞き、
   必要がなければハッキリ断りましょう。

 2.うまい話しはまず疑う
   うまい話しはそうそう転がっていません。
   うっかり話しに乗ってだまされないように気をつけましょう。

 3.気軽に財産の内容を教えない
   ふところ具合を尋ねる業者は要注意です。
   また、貯金通帳や印鑑をうかつに業者に渡してはいけません。

 4.署名、押印はうかつにしない
   契約するときは契約書をよく読み、内容を確かめてから契約しましょう。
   契約書類は大切に保管しましょう。

 5.迷ったら一人で悩まず、まず相談
   契約する前に家族や友人と相談しましょう。困ったことがあったら、
   できるだけ早く都・県や市区町村の消費者相談窓口へ相談しましょう。

                                                                                       


 〈もしもトラブルに巻き込まれてしまったら・・・〉
                                                   
  消費者ホットライン:188番(いやや!)                    
 
                                                                   

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園