キャンパスライフ

奨学金について

本学で取り扱っている奨学金については、以下の通りです。

日本学生支援機構奨学金(貸与型)

卒業後に返還する必要があります。

奨学金の種類

日本学生支援機構奨学金(貸与型)は、第一種奨学金(無利子)と第二種奨学金(有利子)があります。貸与月額は以下の通りです。

第一種奨学金(無利子)  大学 短期大学部
自宅 自宅外 自宅 自宅外
最高月額 54,000円 64,000円 53,000円 60,000円
最高月額
以外の月額
- 50,000円 - 50,000円
40,000円/30,000円/20,000円

 

第二種奨学金(有利子)  大学 短期大学部
自宅 自宅外 自宅 自宅外
月額 20,000円から120,000円のうち
1万円単位で選択


※平成30年度入学者のみ、最高月額を利用するには、第一種奨学金の申込基準以外に別途収入基準要件があります。
※下線付きの金額は平成30年度入学者のみ選択可能です。
※自宅外通学の学生は、「自宅月額」「自宅外月額」から月額を選択できます。

この他、「入学時特別増額貸与奨学金(有利子)」があります。日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申し込みをしたが利用できなかった世帯の学生・生徒を対象とする制度です。貸与額:10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から一つ選択


 

返還シミュレーションで返還額の試算を!

日本学生支援機構のホームページでは、奨学金の貸与額及び返還額等を試算することができます。在学中に月々いくら借りると、卒業後に何年かけて月々いくら返していかなければならないかを申し込み前に必ず試算してください。卒業後の返還を念頭に置き、無理のない将来設計を立ててください。http://simulation.sas.jasso.go.jp/simulation/

申し込み

以下の3つの採用種別があります。

1.予約採用 高等学校等で申し込みを行い、採用候補者として決定された者が対象です。
2.在学採用 毎年4月に募集します。
3.緊急・応急採用 失職、破産、事故、病気、死亡等若しくは火災、風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合が対象の制度です。家計急変の事由が発生してから12ヶ月以内であることが条件です。該当する事態が起きた場合には、窓口まで早急にご相談ください。

 

1.予約採用:高等学校等で申し込みをした学生向け

高等学校等で申し込みを行い、採用候補者として決定された者が対象です。
対象者向けに以下の日時で説明会を実施します。「採用候補者決定通知【進学先提出用】」を持参して、必ず出席してください。

採用候補者は、下記ページの【採用候補者決定から進学前に行うこと】を熟読し、準備してください。
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/yoyaku/yoyakukouhosha.html

<手続きの主な流れ>
(1)説明会出席
「平成30年度大学等奨学生採用候補者決定通知【進学先提出用】」を持参し、提出してください。
(「入学時特別増額貸与奨学金(日本政策金融公庫の「国の教育ローン」の申込必要)」と記載されている方は、別途提出が必要な書類があります。確認の上、あわせて持参してください。)

【説明会日時・場所】

校舎 所属 日時 場所
板橋 家政学部 4月5日(木)  9:40-10:40 第9階段講義室(5号館)
人文学部 4月5日(木)16:00-17:00 第9階段講義室(5号館)
短期大学部 4月5日(木)11:20-12:20 第9階段講義室(5号館)
狭山 全学部 4月6日(金)  9:10-10:10 第4講義室(2号館3階)

 説明会にて、「学校固有の識別番号」を交付します。※上記の必要書類を提出しない限り、学校固有の識別番号は交付できません。


(2)インターネットから進学届を提出(4月中旬締切予定)
提出期日や入力方法は(1)の説明会時に案内します。
 

2. 在学採用:大学入学後に申し込みを希望する学生向け

毎年4月に募集を行います。以下の手順で手続きをしてください。

<手続きの主な流れ>
(1)奨学金説明会出席

本学で取り扱う奨学金全般の説明会を実施します。日本学生支援機構奨学金の希望者は、この説明会に必ず出席してください。

【説明会日時・場所】

校舎 所属 日時 場所
板橋 家政学部 4月3日(火)  9:00-10:00 第9階段講義室(5号館)
人文学部
短期大学部
4月3日(火)13:50-14:50 第9階段講義室(5号館)
狭山 全学部 4月4日(水)13:30-14:30 AV教室(2号館2階)

 

(2)日本学生支援機構奨学金説明会(4月中旬)
(1)の奨学金説明会へ出席していることを前提として、日本学生支援機構奨学金の申込用紙、手続き説明資料など一式を配付します。平成30年度の説明会日程については、(1)奨学金説明会にて案内します。

(3)各種書類提出、インターネット入力、クラス担任との面談等
(2)の日本学生支援機構奨学金説明会での説明内容に従って、応募手続きを進めます。詳しい内容は説明会時に案内します。
 

新規に採用された学生向け

 予約採用や在学採用にて日本学生支援機構奨学金(貸与型)に採用されると、返還誓約書を作成し、指定の期日までに提出することが必須となります。採用者向けに、「返還誓約書説明会」を実施しますので、対象となる採用者は必ず出席してください。説明会への無断欠席や、返還誓約書を期日までに提出できない場合は、奨学生資格を失い採用取消となりますので、注意してください。

返還誓約書説明会

毎年以下の時期に実施しています。詳しい日時・場所は掲示板で案内します。
・「予約採用」での採用決定者:5月下旬目処
・「在学採用」での採用決定者:7月下旬目処
 

現在貸与中の学生向け

各種変更手続きは以下に従って、指定用紙を提出してください。

【貸与月額を減額したい場合】
「奨学金貸与月額変更願(届)」を学生支援課または学務課へ提出してください。
※提出時には印鑑を持参してください。
※第一種(無利子)または第二種(無利子)によって様式が異なりますので注意してください。
減額始期は記入せずに窓口へお持ちください。
第一種奨学金貸与月額変更願(届)(2018年度版)

第二種奨学金貸与月額変更願(届)(2018年度版)
 
【貸与月額を増額したい場合】
貸与合計額の計算や開始時期の確認が必要ですので、学生支援課または学務課へお越しください。
窓口でのみ配付
【奨学金を辞退したい場合】
「異動届(願)」を学生支援課または学務課へ提出してください。
※提出時には印鑑を持参してください。
異動届(願)(2018年度版)
【休学/退学/復学する場合】
「異動届(願)」を学生支援課または学務課へ提出してください。
※提出時には印鑑を持参してください。
【振込口座を変更したい場合】
「奨学金振込口座変更届」を学生支援課または学務課へ提出してください。
※提出時には印鑑を持参してください。
奨学金振込口座変更届(2018年度版)
【本人(住民票)・連帯保証人等の住所を変更する場合】
「住所変更届」を学生支援課または学務課へ提出してください。
※提出時には印鑑を持参してください。
住所変更届(2018年度版)

※その他の変更手続きは、学生支援課または学務課へお越しください。
※各届用紙は窓口でも配付しています。

説明会

大学1年~3年、短大1年向け「適格認定説明会」
毎年12月または1月に次年度の奨学金継続に関する説明会があります。継続・非継続に関わらず、必ず参加してください。無断欠席の場合には奨学生資格を失います。日時・場所は掲示板で案内します。

卒業学年(大学4年、短大2年)向け「返還説明会」
毎年10月または11月に返還に関する説明会があります。必ず参加してください。日時・場所は掲示板で案内します。
 

卒業生の方へ

毎月原則として27日が口座振替

奨学金返還の口座振替は、毎月原則として27日(27日が金融機関の休業日にあたる場合は、振替日は翌営業日)です。残高不足にならないように、振替日の前営業日までに入金するようにしてください。

返還が難しくなった場合

返還金は後輩の奨学金として直ちに利用する仕組みとなっていることをご理解いただき、延滞されないようお願いします。 返還が困難になった場合、割賦金額の減額や返還期限を猶予する制度があります。 そのような状態になった場合は、延滞する前にすみやかに手続きをおこなってください。

減額返還(約束どおりの返還は困難だが、半額ならば返還が継続できる場合)
返還期限猶予(現在返還が困難であるため、一定期間返還を待ってほしい場合)
返還免除(本人が死亡・障害により返還できなくなった場合及び、教育又は研究の職に就いた場合)
 

渡辺学園関係奨学金

東京家政大学独自の奨学金で、本学と関係がある方々、東京家政大学同窓会や後援会からの寄付金などによって支えられています。給付型の奨学金ですので、返還の義務はありません。

渡辺学園関係奨学金一覧(平成30年度実施予定)(PDF)
※実施予定ですので、変更される可能性があります。参考情報としてお取り扱いください。
 

<手続きの主な流れ>
一部の奨学金を除いて、毎年4月に募集を行います。以下の手順で手続きをしてください。

(1)奨学金説明会出席(4月初旬)
本学で取り扱う奨学金全般の説明会を実施します。渡辺学園関係奨学金の希望者は、この説明会に必ず出席してください。

(2)渡辺学園関係奨学金説明会(4月中旬)
(1)の奨学金説明会へ出席していることを前提として、渡辺学園関係奨学金の願書、手続き説明資料など一式を配付します。渡辺学園関係奨学金の希望者は、この説明会に必ず出席してください。説明会日程については、(1)奨学金説明会にて案内します。

(3)願書および各種書類提出、クラス担任との面談等
(2)の渡辺学園関係説明会での説明内容に従って、応募手続きを進めます。詳しい内容は説明会時に案内します。

※4月募集以外の奨学金は、応募手続きについて掲示板およびポータルで案内します。案内の内容に従って、手続きをしてください。

 

各種奨学金

地方自治体や民間団体の奨学金で、大学へ募集の案内が届いたものは、ポータルで随時情報を配信し案内しています。

主な地方自治体

石川県教育委員会、茨城県教育委員会、新潟県教育委員会、福島県教育委員会、大田区奨学金 他

主な民間団体

公益財団法人前澤育英財団、公益財団法人中村積善会、一般財団法人守谷育英会、公益財団法人パル井上財団、公益財団法人三菱商事復興支援財団、あしなが育英会、公益財団法人信濃育英会、公益財団法人常磐奨学会、一般財団法人東和食品研究振興会、公益財団法人交通遺児育英会 他

専門職奨学金

保育士や看護師など、就職を前提とした奨学金があります。窓口にてご相談ください。
 

対応窓口

奨学金については、以下の窓口で対応しています。
奨学金は学生本人が自分名義で貸与または給付されるものです。応募手続きやその他変更手続きについて、学生本人がしっかりと内容を理解し、学生本人が問い合わせてください。

家政学部・人文学部・短期大学部

学生支援センター学生支援課(板橋校舎16号館1階) 電話:03-3961-2079

健康科学部・子ども学部

狭山学務部学務課(狭山校舎1号館2階) 電話:04-2952-1626


 



このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園