キャンパスライフ

緊急時の取扱い(板橋校舎)

【板橋校舎】 
緊急非常時の授業等の取扱い

緊急事態が発生した場合の授業等の取り扱いは、ポータル、ホームページ、学内一斉放送等で周知
する。
また気象警報の発令や交通機関のストライキ等が生じた場合、授業等の取り扱いは次のとおりとする。
なお、補講については授業担当者の指示を受けること。


<気象警報の場合>

各時限の授業開始2時間前から終了時間までの間に、警報下に置かれた時間帯があった場合、
その時限の授業を休講とする。
各時限の授業開始2時間前から終了までの時間帯の途中で、警報が解除された場合でも
変更しない。
 

※ 台風や大雪など、気象状況時間の経過とともに悪化し、数時間後には警報の発令が充分
  予測される場合、休講の措置を行うことがある。
※ 休講となった授業は補講が行われる。補講については授業担当者の指示を受けること。

 

  ※なお、授業が行われる場合においても、自宅地域において警報が解除されていない場合や、通学に安全でないと判断される時は、無理をせずに待機すること。この理由により授業に欠席や遅刻となった場合には授業担当者にその旨を報告し、指示を受けること。  

 

気象警報の場合
休講となる授業・試験 ・・・ 休
授業・試験の取り扱い
1時限 2時限 3時限 4時限 5時限
1時限開始の2時間前から終了時間まで 警報下に
置かれた
時間帯が
あった場
合その時
限を休講
とする
        1時限は休講
2時限開始の2時間前から終了時間まで         2時限は休講
3時限開始の2時間前から終了時間まで         3時限は休講
4時限開始の2時間前から終了時間まで         4時限は休講
5時限開始の2時間前から終了時間まで         5時限は休講

 


授業の時限表

時限   板橋キャンパス  
1 9:00~10:30
2 10:40~12:10
3 13:10~14:40
4 14:50~16:20
5 16:30~18:00

気象警報の対象
<板橋キャンパス>
気象庁から、東京都23区全域(西部および東部)に大雨・洪水・暴風・ 暴風雨・大雪警報のいずれかが発表された場合

気象庁の発令については下記の気象庁ホームページを参考にすること。
http://www.jma.go.jp/jp/warn/319_table.html


<交通機関のストライキ等の場合>

ストライキの場合
休講となる授業・試験 ・・・ 休
授業・試験の取り扱い
1時限 2時限 3時限 4時限 5時限
当日午前7時までに運転開始           平常通り行う
当日午前7時から1時限終了時までに運転再開       3時限より行う
当日1時限終了時までに運転が再開されない場合 終日休講

交通機関のストライキ等の対象
<板橋キャンパス> 首都圏のJRまたは東武鉄道、都営地下鉄がともに全面運休した場合
 

対象の路線や地域以外で、上記理由により 出席に支障をきたした場合は、授業担当者に申し出る。
オリエンテーション等について上記取り扱いにより実施されなかった場合は後日実施するため振替え日程を ポータル、掲示等で周知する。
地震・火災発生時の場合
「地震・火災 緊急事態のときは……」 学生便覧学生生活の手引き(p.ii-5)を参照。

 

緊急時の対応について

地震の場合 火災の場合 避難場所
あわててとび出さず近くの教室内等で 放送・その他の指示を待つ。
室内では出入り口の扉を開け、机の下や丈夫な柱等に身を寄せて落下物を避ける。
屋外の場合はガラス等の落下物があるので建物から離れる。
実験・実習の際は火気、化学薬品、ガス、油等に対して手早く安全措置をとる。
火災を発見したとき
火災報知器のボタンを押す。
近くの者や教職員及び守衛に知らせる。
水又は手近な消化器を使って消火に務める。
火災報知器が鳴ったとき
放送による指示があるので落ちついて静かに待つ。
火気、化学薬品、ガス、油等安全の措置をとる。
板橋校舎
運動場
テニスコート
正門前テニスコート
 
   
   

非常放送等で緊急避難の指示が出た時は教職員の指示により態勢を整え状況に応じて速やかに避難する。
エレベーターは使用しないこと。

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園