キャンパスライフ

試験

 

試験(受験資格等)

1.試験の受験資格・レポート等の提出資格を有するためには、当該科目を履修登録をしていること。
2.規定授業時間数の授業に出席していること。
  規定授業時間数とは、前・後期とも定められている15回の授業をいう。
3.資格取得のための実習・病気・忌引・その他の理由に関わらず、やむを得ず授業を欠席する場合は
  当該科目の授業担当者へ必ず申し出て、指導を受けること。
  ※忌引きによる欠席は、父母7日,祖父母・兄弟は3日(休日含む)とし、父母のときのみ学生
   支援課へも届け出ること。
4.学費等を納入していること。

 

試験

試験は、原則として授業時間内に実施する。
レポート提出・作品提出・平常点をもって、試験に代えることもある。

 

試験時間

原則として平常の授業と同じ時限と教室で実施する。
変更がある場合にはポータル、掲示等で周知する。
※電話による問い合わせには応じられないので、必ず各自で確認すること。

 

試験等欠席者

病気その他やむを得ない理由で試験を欠席した者、レポート提出等ができなかった者は試験日及びレポート等の提出締切日を含めて4日以内(休日は含まない)に授業担当者へ次の書類を持参し、欠席した試験・未提出のレポート等について、指示を受けること。授業担当者に連絡がつかない場合は、学修支援課に申し出ること。

1) 単位互換提携大学の試験と重複の場合 指定された用紙(学修支援課)に記入
2) 就職試験等の場合 公務員・教員採用試験等は受験票の写し
企業等の就職試験等は指定された用紙(キャリア支援課)に企業等の印をもらう
3) 交通機関事故の場合 事故証明書(当該交通機関発行のもの)
4) 病気の場合 医師の診断書等
5) 忌引の場合 忌引届(会葬御礼状を添付)
6) その他やむを得ない事情のある場合 事由を証明する書類

 

受験上の注意

1. 試験中は、すべて監督者の指示に従うこと。
2. 学生証を必ず机上に提示する。(忘れた者は学生支援課に申し出て、仮学生証交付の手続きののち受験)
3. 着席順は、監督者の指示に従う。
4. 試験開始20分以後の入室は認めない。
5. 答案の提出は試験開始30分以後とする。
6. 答案は試験場を退場するときに必ず提出する。無断で持ち出した場合は、理由の如何を問わず放棄したものとみなす。
7. 机上には筆記用具、また持ち込みを許可された教科書、ノート等以外は置かないこと。
8. 試験中は私語をしたり物品の賃借をしてはならない。
9. 試験中に不正な行為があったときは直ちに退場となりその答案は無効とし、その科目は不合格とする。
さらに停学の処分に付する。

 
レポートの提出

1. レポートの提出については、原則として各授業担当者が適宜提示するので、その指示に従う。必要事項を掲示する場合もある。
2. レポートは、期限内に必ずクラス委員又は代表者がまとめて、番号順に整理の上提出する。
3. レポートには、授業科目、担当者、学年専攻クラス、番号、氏名を記入し、ホチキスで止めて提出する。
4. 定められた期日、時間を過ぎたものは提出できない。ただし、正当な理由のあるものについては、授業担当者に申し出る。

 
成績評価

成績の評価は次の基準により行われる。ただし授業科目により合格を合と表記する。
 

 平成17年度以前入学者  平成18年度以降入学者
合格
100~80点
79~70点
69~60点
不合格 59~0点
合格
秀・優
100~90点
(秀は当該講義履修者
の 5%以内)
89~80点
79~70点
69~60点
不合格 59~0点

 

不合格

1. 試験(レポート・作品提出を含む)を欠席した者
2. 試験(レポート・作品提出を含む)の結果が不合格であった者

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園