大学案内

渡邉辰五郎賞 実施要綱

1.設置の主旨と背景

渡辺学園の創立者である渡邉辰五郎は、明治14年に自ら和洋裁縫伝習所を開設し、その後の東京裁縫女学校、東京女子専門学校に至るまで、一貫して、知徳を涵養し、裁縫を広く教授できる女性を育て、裁縫教授によって女性が身を立てることのできる教育を行ってきました。本学園は平成23年度に創立130周年を迎え、日本近代の黎明期である明治時代の偉大なる教育家として評価されている渡邉辰五郎の偉業を讃え、後世に伝えるため、創立130周年を記念して渡邉辰五郎賞を創設しました。「渡邉辰五郎賞」は、本学の建学の精神である「自主自律」に相応しく、社会での長年の活躍が評価され、貴重な貢献をした卒業生を称えるものです。また、「渡邉辰五郎奨励賞」は社会での活躍が著しく、今後の活躍が期待され、本学の栄誉を担う卒業生を称えるものです。

2.名称

渡邉辰五郎賞    1名
渡邉辰五郎奨励賞  2名

3.選考対象

渡邉辰五郎賞
本学を卒業し、長年の活動が評価され、社会に対する貢献が顕著なもの。
※本学専任の教職員及びその経験者は除きます。

渡邉辰五郎奨励賞
本学を卒業し、社会での活躍が著しく、本学の栄誉を担うもの。50歳以下を対象
※本学専任の教職員及びその経験者は除きます。

4.副賞

渡邉辰五郎賞    記念メダル及び副賞(30万円)
渡邉辰五郎奨励賞  記念メダル及び副賞(10万円)

5.選考方法

自薦、他薦を問わずに応募できます。
応募用紙を東京家政大学ホームページよりダウンロードしてください。
選考は「渡邉辰五郎賞選考委員会」で決定します。

6.提出書類 

①応募用紙(ファイルのダウンロードはこちら
②略歴書(様式は問いません。ただし写真を添付してください。)
③詳細説明が必要な場合は資料

7.応募期間

平成28年4月1日(金)~平成28年12月31日(土) (当日消印有効)
郵送または持参のみ受付いたします。メールやファックスは受け付ません。

8.発表

平成29年2月末日に発表します。また学位授与式時において賞や受賞者の紹介をいたします。

9.贈賞式

平成29年5月6日 本学創立記念日
ただし創立記念日は大学の休日にあたりますので贈賞式は翌平日の5月8日(月)(予定)に行います。

10.その他

入賞者のお名前、年齢、団体名および活動内容等をウェブサイト、大学広報誌等で公表させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
また、提出いただいた推薦書類は、渡邉辰五郎賞選考のためにのみ選考委員会などで使用します。提出いただいた書類は返却いたしません。

11.書類の提出先・問合せ先

東京家政大学 総務課内「渡邉辰五郎賞」事務局
住所:〒173-8602 板橋区加賀1-18-1
Tel:03-3961-5226

渡邉辰五郎

 

 

 

 

 

 

 



歴史と沿革
学園の歴史と創設者コーナー



渡邉辰五郎

 

 









 

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園