ディプロマポリシー

栄養科

食と健康について深く理解し、「食のスペシャリスト」として、食に関する専門知識、技能を有する者として社会に貢献できる。

 

知識・理解

・栄養士・栄養教諭・家庭科教諭において、食と健康に関する基礎知識を理解、習得し、
   ライフスタイルの変化に対応できる能力を有している。
・調理・食品加工分野に関する基礎知識を習得し、時代の変化に伴う対応力を有している。

 

凡用的技術

・栄養に関する基礎的知識をもとに、給食管理や栄養指導ができる。
・食に関する基礎的知識をもとに、食の製造、流通、小売、外食等、食産業等において
 技術対応能力がある。

 

態度・志向性

・栄養士・栄養教諭・家庭科教諭として信頼されるとともに協調性を備えている。
・食産業に関わる者としての能力を高めるとともに社会性を備えている。

 

総合的な

・2年間にわたり習得した知識、技能を社会において実践できるように、理解力、責任能力、協調性、
   社会性等を実習、各種試験を通して確認するとともにスキルアップを図ることができる。
・自己表現力を有するとともに他人に対する思いやり、共感、相互理解力を有することができる。

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園