ディプロマポリシー

造形表現学科

造形表現における基礎的、専門的知識と表現力を修得し、社会に対する広い関心と自らの価値観にもとづき、実社会に貢献できる。

 

知識・理解

・歴史の中で造形表現が社会にもたらしてきた役割(機能・社会的価値)を理解している。
・異文化の造形表現を理解している。
・造形表現活動の社会との関係や社会にもたらす役割(機能・社会的価値)を理解している。
・絵画、映像、デザイン、工芸、建築、美術理論の基礎を理解している。
 

凡用的技術

・発想から造形に至るプロセスを思考でき、表現すべき作品のコンセプトを構築できる能力を備えて
   いる。
・表現のコンセプトに沿って、作品に具現化できる表現能力を備えている。
・コミュニケーションツールとしてのパソコン技術を習得し、絵画、映像、デザイン等の各分野での
   作品を制作し発表できる能力を備えている。
・社会に向けて、表現活動によるコミュニケーション、プレゼンテーションの能力を備えている。

 

態度・志向性

・計画、スケジュールが立案でき、着実に行動できる能力がある。
・コラボレーション制作等で、共同して表現活動ができ、自分の役割を理解し、実行できる能力が
   ある。
・表現活動を通して、社会に対し美しく快適な生活環境を創造していく姿勢を有している。
・生涯を通じて造形表現への興味と関心を持ち続け、自己の研鑽と表現活動を行っていく姿勢を
   有している。
 

総合的な学習経験と創造的思考力

・造形表現教育を通じた自己の研鑽により、自主自律に必要なたくましい心と感性を磨き、高度な
   教養を身につけている。
・これまでに獲得した知識、技能、感性、思考を総合的に活用し、既存の課題や自らが立てた新たな
   課題に対し、解決する能力を有している。

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園