ディプロマポリシー

栄養学科

食品、調理、栄養に関する基礎と臨床に関する深い知識と実践的技能を有し、医療、行政、教育、産業の領域で専門知識および技術に優れた専門家として社会に貢献できる。

 

知識・理解

・管理栄養士・栄養士・栄養教諭・家庭科教諭として栄養の指導、栄養教育、食と健康に
 関する専門的知識を理解している。
・公衆衛生、健康の保持増進、医療に関して、環境と健康、人体の構造と疾病の成立、
 食物・調理を基礎知識として理解している。

 

凡用的技術

・食品、調理、栄養に関する基礎知識を実際に実験で確かめ、調理・食物加工・
 安全衛生管理能力を実習で身につけ、基礎的技能を有している。
・基礎的技能をライフステージ栄養・環境栄養、給食管理、行政、介護、医療に応用する
 能力を有している。
・栄養教育では、習得した知識をもとに、集団あるいは個人に、栄養の関する自己管理
 能力を定着させるべく、行動の変容の実現を支援する能力を修得している。

 

態度・志向性

・社会・環境の変化に対して、問題点の把握を客観的に行う能力を有している。
・客観化の指標として、十分に情報を収集と解析する能力を修得している。
・問題点解決のための計画を立案することができる。
・問題点の解決に、自己努力とともに、チームで討論し解決する能力を身につけている。

 

総合的な学習経験と創造的思考力

・医療を志すものは生命、死生感および生命倫理に対し、自己の意見を持っている。
・自立の精神のもとで、自分の考え方を実体験の中から修得している。
・自分の考え方を基に、自己を表現する能力を持っている。
・他人の考え方との協調・共感し、相互理解する能力を有している。
・自他をこえ止揚された、新しい未来志向的な創造思考能力を修得している。

このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園